SONNETS NEWS

鈴木、今季は黒星スタート 【2月26日】

今季初登板の鈴木は6回4失点で敗戦投手となった。

しかし強力打線のダークスを相手に9三振を奪うなど、肩の不安を感じさせないピッチングできっちりゲームメイク。

飯塚とのバッテリーも試行段階にあり、本人も「まずはマウンドに立って投げられたことが大きい」と、悔しさを滲ませつつもホッとした表情を見せた。

見据えるは半年先の決勝トーナメント。
この日の敗戦を燃料に変えて、エースはゆっくりと、しかし確実にギアを上げていく。

0226suzuki.jpg
[写真]ダークス戦に先発し、三振を奪う鈴木
スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 23:36:35|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山本、先制点呼び込む技ありヒット 【2月26日】

今季からヘッドを寝かせる新しいバッティングフォームに挑戦している山本がいきなり結果を出した。

2回に内角球をレフト線に運ぶヒットを放ち、先制のホームを踏むと、4回には惜しくも一塁アウトとなったが、ライト前に打ち返した。

昨季はいい当たりがことごとく正面を突くなど、打率.194と不振に苦しんだ山本だが、今季は元祖ヒットメーカーとして新フォームでレギュラーを奪い返す。

0226yama.jpg
[写真]2回表、先制点につながるヒットを放つ山本=潮見野球場
  1. 2011/02/26(土) 23:35:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCL初戦はダークスに逆転負け 【2月26日】

[成城ソネッツ1-4ダークス@潮見野球場]

潮見野球場で行われたSCLのAグループ予選。
成城ソネッツは強豪ダークスに逆転負けを喫した。

ソネッツは2回表にヒットの山本がバッテリーミスで生還し先制点を挙げ、序盤から試合を優勢に進める。
ところが4回に今季初先発の鈴木が捕まり、野選やヒットなどで4点を奪われ逆転を許すと、そのまま反撃できずに試合終了。

今季もSCLは黒星スタートとなった。

GM代行として公式戦で初の指揮官を務めた近藤も、「やっぱり(采配は)難しい。なかなか思い通りにいかなかった」と、敗戦に肩を落とした。


  1. 2011/02/26(土) 23:16:52|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GBN、E4A組に追加チーム 【2月25日】

GBN春メジャー大会、成城ソネッツの所属するE4A組に加わる新たなチームが発表された。

追加エントリーチームは「ZERO CHARGEBACKS」。
ソネッツと同じく世田谷区を中心に活動するチームで、すでに第1節で対戦することが決まっている。

期限の5月2日までに試合を消化しなくてはいけないため、ますます公式戦の過密日程が予想される。
なお、E4A組はまだ1枠募集しており、3月31日までにさらにチームが追加される可能性がある。



2011年GBN春メジャーE4A組
http://www.gbn-sports.com/cont/league201100_e4a.htm
  1. 2011/02/24(木) 23:52:27|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイライト動画をYouTubeで配信 【2月22日】

成城ソネッツは、今季ビデオカメラで撮影した全ての試合のハイライトシーンを、YouTubeで配信すると発表した。

配信までは1日~1週間程度かかる見込み。

現在すでに開幕戦の様子がホームページから視聴可能。
ベンチの野次やカメラマンを務めた宮川の渋い解説も入っており、試合を見れなかったファンも楽しめる内容となっている。

今後は試合終了後のインタビューなども盛り込み、さらに改善を加えていく予定。


  1. 2011/02/22(火) 18:42:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レギュラー2人が戦線復帰 【2月22日】

26日のSCL予選ダークス戦に、鈴木と宮川が出場できる見通しであることが明らかになった。

原因不明の病により開幕戦をベンチで見守った宮川。
病状はかなり回復しており、「来週は頭からでも大丈夫だと思う」と、スタメン出場に意欲を見せた。

また左肩痛によりマイペース調整を続けていた鈴木も、いよいよ今季初登板を迎える。
開幕戦を雨で流したため、ぶっつけ本番のマウンドとなるが、「肩はかなりいい方向に向かっている」と表情は明るい。

死のAグループを勝ち抜くために重要な意味を持つ最初の一戦。
2人の活躍により昨季ベスト4の強敵に勝ち、一気にチームを勢いに乗せることができるか。


  1. 2011/02/22(火) 12:43:40|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内野守備に課題 【2月19日】

今月の全体練習を雨で流したこともあり、この日は動きに固さの見られた内野守備陣。
6回、ピッチャーが飯塚に交代してから急に乱れ始める。

内田の一塁への悪送球を皮切りに、北川、宮本、藤野と立て続けにエラー。
力投を見せるルーキーの足を引っ張り同点に追い付かれてしまった。

次週のダークス戦まで調整期間もなく、不安を抱えたままSCL開幕戦を迎えることとなる。


110219uchi
[写真]2失策にがっくり落ち込む内田
  1. 2011/02/19(土) 23:44:48|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

望月「今日は80点」一問一答 【2月19日】

初の開幕投手を務め、好投を見せた望月。
立ち上がりから3者連続三振を奪うなど、5回を1失点(自責0)11奪三振と、エース鈴木を彷彿させるような見事なピッチングを見せた。


--初の開幕投手、どのような気持ちでマウンドに上がったか。
「自分が開幕投手になると思わなかったが、ソネッツの新しいスタートということで気合を入れて投げた。」

--西武ドームのマウンドはどうだったか。
「しっかり踏み込むことができて、とても投げやすかった。」

--力の入れ具合は。
「もう今日は10割。」

--今日のピッチングの点数は。
「85点…いや、80点。本当は100点だけどここは謙虚に。」


110219moti
[写真]素晴らしいピッチングを披露した望月=西武ドーム

  1. 2011/02/19(土) 23:34:09|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開幕戦は延長サヨナラ勝ち! 【2月19日】

[成城ソネッツ3×-2ルーニィチューンズ@西武ドーム]

西武ドームで行われた2011年開幕戦。
成城ソネッツが延長戦の末、サヨナラ勝ちを収めた。


2対2のまま7回を終了し、延長戦は両チーム1死満塁から攻撃するサドンデスルールで行われた。

8回表をリリーフの飯塚が無失点で切り抜けると、その裏石山が放ったピッチャーゴロがエラーを誘いサヨナラ勝ち。
見事開幕戦に勝利した。

6回から登板した飯塚が、入団初勝利を挙げている。

DSC_0067.jpg
[写真]試合後に勝利を記念し記念撮影=西武ドーム
  1. 2011/02/19(土) 21:40:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソネッツ冬の旅行密着レポート② 【特集】

ソネッツ冬の旅行、密着レポート第二弾。
2日目、あの男が合流してから旅行の様子が急激に変わる。


◎ 食事のキャプテン合流

前日の白熱したウインクキラーは深夜3時まで続き、メンバーは疲労困憊…かと思いきや、朝から恒例の寝起きドッキリ企画を実行するなど、2日目も元気にスタート。
DSC_0167.jpg
[写真]去年の悪夢が蘇る悪質なイタズラを受けた望月

また、体調を壊していた藤野が遥々東京から一人で追いかけて来て合流。
ようやくメンバーが揃い、旅の続きが始まる。
DSC_0175.jpg
[写真]みんな揃ったところで一枚

3台になった車で今回の旅のメインでもある千本松牧場へと移動。
厳しい冷え込みの中、エネルギー溢れるメンバーはテニス組とアーチェリー組に分かれ、それぞれ普段できないスポーツを満喫した。

山本と近藤は学生時代鍛えたテニスの腕前を披露。
2人を加えたダブルスの試合は息を飲むような展開となり、メンバーの注目を集めた。
DSC_0230.jpg
[写真]強烈なサーブで野球以上(?)の才能を見せた山本

nasuayumi.jpg
[写真]持ち前の運動神経を発揮したものの、試合に負けて苦笑いの近藤

また昨年大ブレイクした“ウィリアム・デブ”の異名を持つ藤野のアーチェリー。
今年は人形の上に乗ったリンゴを射るゲームにチャレンジしたが、これは惜しくも失敗。
「なかなか難しいっすね」と悔しさを滲ませた。
DSC_0257.jpg
[写真]弓矢を構えた姿が様になっている藤野

昼食は牧場内のレストランでジンギスカン食べ放題。
キャプテンを中心に、普段鍛えた実力をここぞとばかりに発揮し、さらにソフトクリームのデザートまで平らげ、満腹のまま牧場を後にした。
DSC_0247.jpg
[写真]「俺達の胃袋大丈夫かなぁ」と心配そうな内田(左)と石山(右)

◎ お土産は宇都宮餃子

充実の旅行の締めもやっぱり食事。
胃腸を壊し、トイレでおう吐した望月のことなどお構い無く、帰りは宇都宮に寄り道し、餃子を堪能する。

藤野が合流してから、旅行の趣旨がいつの間にか「癒し」から「食べる」にすり替わってしまった感があったが、心もお腹も満たされた一行は、成城へと帰りの車を走らせていった。

◎ 旅の終わりに

こうして全ての行程を終えたソネッツメンバー。

普段の厳しい戦いの中ではなかなか見られない笑顔が溢れ、またメンバー間の絆をより一層深める素晴らしい旅となった。

今回、旅行のプランから会計、2日間の進行まで全てを取り仕切った石山。

「ハプニング満載の旅になりましたが、みんなの協力のおかけで無事役目を全うできました。ソネッツのみなさま…Special Thanks♪」と、やや寒いコメントで充実の旅行を締めくくった。
  1. 2011/02/18(金) 22:55:20|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad