SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

守乱山本、まさかの4失策 【3月26日】

山本が26日、自身の持つ1試合最多失策記録(個人)に並ぶ4つの失策を犯した。

4回、3塁線の打球をバックハンドでキャッチし素早く1塁に転送するファインプレーを見せたものの、その直後からなんと立て続けに3つのゴロを全て送球エラー。
前の回にも捕球ミスをしており、完全に悪いリズムにハマってしまった。

ソネッツの元祖ユーティリティプレーヤーとして常に多くのポジションをこなしてきた山本だが、今季はここまでサードとキャッチャーでの出場のみ。
2011年、念願の定位置確保に向けてこの日の反省をプラスに変え、安定した守備を取り戻すことができるか。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 20:05:23|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石山、連続試合出場途切れる 【3月26日】

事故により右腕を負傷していた石山が26日の試合を欠場した。

石山が試合に出場しなかったのは2008年11月以来約1年4ヶ月ぶり。
その間 チーム歴代3位となる51試合連続で出場を続けていたが、惜しくも記録は途切れてしまった。

なお、怪我の状態は良好で、4月2日の調布ブルーサンダース戦には出場できる見込み。


  1. 2011/03/26(土) 23:28:25|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハードライナーズの『足』を封印!走者を射る矢の送球 【3月26日】

チームが完敗する中で1人輝きを放っていたのがルーキー飯塚。

この日はキャッチャーで先発し、盗塁を2度も阻止。
そのうち1度は座ったままの送球で二盗のランナーを刺した。

2回には送りバントの打球を素早くつかむと、まさに矢の送球で1塁ランナーを封殺。
機動力攻撃を仕掛けるハードライナーズの『足』を封じる活躍で存在感を示した。


さらに5回からはマウンドに上がり、「僕にとっては相性が良かった」という強力ハードライナーズ打線から5つの三振を奪い2回を零封。

攻撃でも見事なセーフティバントでチャンスを広げるなど、文句の付けようのない活躍だった。


試合後には、来月の4週連続公式戦について、「いつもどおり楽しみながらも、勝ちにいきたい」と力強く話した。


DSC_0566.jpg
[写真]敗戦の中で孤軍奮闘の飯塚=砧公園
  1. 2011/03/26(土) 19:29:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打線不発…ハードライナーズに完敗 【3月26日】

[成城ソネッツ1-5ハードライナーズ@砧公園]

世田谷を拠点に活動する強豪・ハードライナーズとの、約1年ぶりの対戦。

ソネッツは今季2勝負けなしの望月が先発したが、初回からハードライナーズ打線に捕まり四球と安打2本で1点を先制されると、同点で迎えた3回にもエラーを突破口に3長短打を集中され3失点。

打線も散発3安打と元気なく、1対5と完敗した。

力投したが打線の援護なく4回で降板した望月。
昨年7月以来、久々の黒星となった。
  1. 2011/03/26(土) 12:58:10|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ODDSと草魂カップで3年ぶりに激突 【3月21日】

成城ソネッツは21日、NEW ODDSとの草魂カップ2回戦を4月9日上井草スポーツセンターで行うと発表した。


いよいよこの時がきた。

3年前、ソネッツが初めて参加した草魂カップ。
当時もエース鈴木を中心とした野球で順当に勝ち上がり、準々決勝までコマを進めていた。

しかし強豪NEW ODDSになすすべなく1対4で敗戦。

「大会で敗退する」という今まで味わったことのない悔しさを初めて感じたナイン。
当時4番だった宮川は、悔しさのあまり野球への情熱を失い引退してしまうほど(後に復帰)であった。

しかしあれから3年。
数々のプレッシャーのかかる試合を経験し、あの時以上の大きな悔しさも乗り越え、技術的にもメンタル的にも成長したソネッツナイン。

3年前越えられなかった壁を越えることができれば、今シーズン、チームが飛躍する大きなきっかけになるかもしれない。
  1. 2011/03/21(月) 12:46:25|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼の采配、宮本GM今季初白星 【3月19日】

まさに「鬼軍曹」だった。

今季指揮をとったのはこれが2試合目の宮本GM。
新しいサイン、試したい攻撃の形、それら山積みの課題を片付けるためには最後まで攻撃の手を緩めるわけにはいかない。

10点以上差を付けてもダブルスチールや送りバントの指示で徹底的に相手を揺さぶり、得点の形を反復練習。
GMがタクトを振る度に面白いように点が入った。

この日は選手のサイン見落としも少なく、不在の期間を感じさせないほど、選手とGMの呼吸がピタリ。
今後の試合に向け、点差以上に手応えを感じる試合となった。

打撃陣はここ23イニングで35安打放つなど好調をキープしているが、シーズンはまだまだ始まったばかり。

今後打線の調子が落ちた時にこそ、宮本GMの右手が真価を発揮する。
  1. 2011/03/20(日) 22:51:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂犬打線爆発! 【3月19日】

狂犬打線がKUNI投手陣に襲いかかった。
この日は7回表終了までで14安打17得点の大当たり。

昨季チーム打率.237とピッチャーに負担をかけてきた打線だったが、今季はここまで.265。
ここ3試合は全て二桁安打と好調な滑り出しを見せている。

その中心にいるのはもちろんソネッツ史上屈指の3、4番石山、谷口の2人。
さらに今季は彼らに加えて内田、藤野の活躍が光っている。
特に藤野はアピールポイントである長打性の当たりが見られるようになっており、打順は下位ながら打線に火を付ける役目を担っている。

来月初戦を迎えるGBN、そしてダークスに敗れて苦しい状況となったSCL。
今季こそは、頼りっぱなしのエースを打線が救うような場面が見られるかもしれない。


  1. 2011/03/19(土) 22:02:20|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KUNIに快勝!草魂カップ2回戦進出 【3月19日】

[成城ソネッツ17-3KUNI@二子玉川緑地運動場]

優勝を目指す草魂カップ。
その1回戦の相手は昨年も同大会で戦ったKUNI。

前回は苦戦の末勝利したソネッツだが、この日は2回に内田のタイムリーで先制すると、ここから打線が爆発。
3、4回にも追加点を挙げ、5回には打者14人を送り込み、8安打で一気に10点を奪うなど、6回まで14安打17得点。

投手陣も望月が5回を3失点にまとめると、飯塚が残り2回を零封してゲームセット。

17対3と快勝し、1回戦を突破した。


  1. 2011/03/19(土) 21:06:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被害深刻…合宿も中止 【3月13日】

成城ソネッツは東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し、19日~20日に予定していた茨城での合宿を中止とした。


苦渋の決断だった。
昨年に引き続き、マネージャーの中山を中心に進められてきた強化合宿の計画。
しかし、現地における震災によるダメージや、事故の起きた福島第一原発の影響を考慮し、最終的に今回は中止にせざるを得ないという決断に至った。

中山は「余震も続いていて、海側なので津波の心配もある。被害が甚大すぎて恐い」と固い表情で中止の理由を話した。
  1. 2011/03/13(日) 21:17:46|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震の影響で試合中止 【3月12日】

12日、成城ソネッツは前日発生した東日本大震災の影響により、この日予定していた2試合を中止にすると発表した。

世田谷区内では地震による被害は少なかったものの、前日から引き続き気象庁の大津波警報が発表されており、都内でも余震が続いていたため、チーム間で協議した結果、選手の安全を理由に中止を決定した。

なお、中止になったKUNI戦は草魂カップ1回戦のため、代替試合の日程が現在検討されている。
  1. 2011/03/12(土) 13:19:37|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。