SONNETS NEWS

ソネッツ、GBN決勝T進出決定! 【8月27日】

この日予定されていたGBN予選、成城ソネッツ対サージェンスの試合はグラウンド不良のため中止となった。

この結果ソネッツの不戦勝となり、これでソネッツは予選全試合を消化。
6戦全勝で見事決勝トーナメント進出が決定した。

決勝トーナメントの詳細は9月以降明らかになるが、ドームで行われる決勝戦に出場するには2~3試合勝ち進むことが必要と見られている。

来月には強化合宿も予定しているソネッツ、予選での圧倒的な戦績を引っ提げ、いよいよ負けられない戦いが始まる。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 23:58:47|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予選クライマックス!決勝T進出へ負けられない2連戦 【特集】

SCL・GBN各大会の予選もいよいよ大詰め。
成城ソネッツは両大会でそれぞれ1試合ずつ残しており、決勝トーナメント進出可否は共にその最終戦の結果次第となっている。

◎ GBNは全勝突破なるか

GBNではここまでE4Aで5勝0敗、得失点差は+38。
そのうち2試合がコールド勝ちと絶好調のソネッツ。

しかしGBNは各グループの1位と、2位の一部のみ決勝トーナメントに進めるため、当然最終戦でも勝利が求められる。

対する相手は暫定2位のサージェンス。
GBNに参戦した過去2回ともに決勝トーナメントに進出しており、昨季は準々決勝まで進出している強豪チーム。
現在連勝中と調子を挙げており、油断のならない相手である。

◎ SCLは激戦再び

約1年ぶりにMIXと激突。
昨季の決勝トーナメントでの2試合は、多くの関係者の記憶に刻まれる激戦となった。
そして今回も決勝トーナメント進出をかけた大一番を戦うこととなる。

エース吉原投手に注目が集まり勝ちだが、強打者も多く擁しており、昨季の練習試合では先発した望月が2回で6安打を浴び、リリーフした小川も打ちこまれサヨナラ負けを喫している。

負ければ予選敗退が濃厚となるだけに、守備陣にも大きなプレッシャーがかかるが、昨季の経験を生かし、平常心で試合に臨みたい。

◎ チームの勢いに火を

-1回戦で強敵エイゲンズを破り、ベスト8にまで上り詰めた2008年の草魂カップ。
-予選最終戦でサヨナラ勝ちを収め、前年度優勝、準優勝の2チームと堂々と渡り合った2010年のSCL。

これらに共通するのは、チームが勢いに乗るきっかけとなる試合の存在。
一発勝負の決勝トーナメントを勝ちぬくためには、実力はもちろんのこと、チームの勢いが大きなポイントとなる。

今季ここまで苦しい予選を戦い続け、たどり着いた最終戦。
この2試合にいい形で連勝することが、チームの導火線に火を付ける最高の“きっかけ”になるかもしれない。

  1. 2011/08/23(火) 23:59:34|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯塚革命 【特集】

スーパールーキー飯塚新太の勢いが後半戦に入っても止まらない。

8月20日終了時点で、26試合に出場し、打率.392、安打数29、本塁打3、打点23(全てチームトップ)でOPSは1.073。

特筆すべきはその恐るべき勝負強さ。
主に5番に座り得点圏打率は.467(30打数14安打)と、貴重なクラッチヒッターとしてチームに幾度も勝利をもたらした。

さらに投手としても、チーム最多の18試合に登板し、7勝(2敗)防御率1.83、奪三振87の好成績。
シーズン途中からは公式戦でも先発マウンドを任され、SCL予選ではTWINS戦で完投勝利を挙げるなどチームに貢献した。

現在チーム内タイトルは、首位打者、本塁打王、打点王、最多安打、最優秀防御率、最多奪三振、最多セーブの「7冠」。

安打数と打点はすでに年間記録更新のカウントダウン中であり、このペースで飯塚が活躍を続けると、シーズン後にはソネッツの個人記録が全て更新されているかもしれない。

110709arata.jpg
[写真]ソネッツ史に刻まれる活躍を続ける飯塚
  1. 2011/08/23(火) 23:36:44|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木、2ヶ月ぶりマウンドで今季初セーブ 【8月20日】

エースがようやくマウンドに帰ってきた。

6月18日以来、久々の登板となった鈴木。
予定通り1回を投げ、無安打無得点と上々の復帰を果たした。

四球も出したが、粘り強いハードライナーズの打者から三振も1つ奪うなど内容も及第点。

しかし試合後にビデオで自らの投球をチェックした鈴木は「これほど球がいっていないと思わなかった」と不満顔を見せた。

今後もリリーフで登板し、イニングを増やしながら先発に復帰する予定。

エース不在のこの2ヶ月を、全員野球で乗り切ったソネッツ。
鈴木がマウンドで本来の姿を取り戻した時、2ヵ月前よりも一回り強くなった新生ソネッツが誕生する。

DSC_0697.jpg
[写真]リリーフで登板し今季初セーブを挙げた鈴木=世田谷公園

  1. 2011/08/20(土) 22:45:22|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

望月粘りの投球、ハードライナーズに初勝利 【8月20日】

[成城ソネッツ3-2ハードライナーズ@世田谷公園]

世田谷を本拠地とする強豪ハードライナーズとの対戦。

ソネッツは序盤から相手投球の制球の悪さにつけこみ、四球や失策で得点を重ねると、先発望月がランナーを出しながらも粘り強い投球でリードを守り、最後は鈴木が締めて逃げ切った。

ハードライナーズとは3度目の対戦でこれが初勝利。
打線は無安打に終わったが、相手投手の荒れ球をじっくり見極め、送りバントを絡めての得点など、1点を泥臭く奪いにいくソネッツ野球で強豪相手に勝利を収めた。

望月はこれで8勝目。
1回無失点の鈴木に今季初セーブが付いている。

なお、この勝利でソネッツは3年連続の年間20勝目となった。
  1. 2011/08/20(土) 22:20:58|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCL夏祭り、飯塚所属チームが優勝 【8月13日】

この日、猛暑の中SCL夏祭りが潮見野球場で実施され、成城ソネッツ飯塚が所属したフレンドパークが優勝を収めた。

飯塚は初戦から4番に座り適時打や本塁打を放つなど、MVP級の活躍を見せ優勝に貢献。
惜しくも賞金の獲得はならなかったが、その存在を十分にアピールした。

また北川も全試合遊撃で先発し、入鹿(TWINS)、築比地(イーグルス)各エースから安打を放つなど、チームの優勝争いを1番打者として最後まで支えた。

鈴木は約1ヵ月ぶりにマウンドに上がり、1回を無失点と上場のピッチングを見せ周囲を沸かせた。

炎天下で行われたトリプルヘッダーに、無尽蔵のスタミナを誇る飯塚も大会終了後はさすがに疲労の色を隠せず「3試合は疲れた。(時間切れで無効となった)同点ホームランがあれば(MVPを)取れたのに残念」と苦笑しながら振り返った。

成城ソネッツから参戦した5名の成績は以下のようになっている。
選手成績
飯塚(フレンドパーク)3試合 9打数5安打4打点1本塁打1盗塁 
     1登板5回4失点1勝利
北川(ミッチョンズ)3試合 6打数3安打1二塁打1四球3盗塁
笠井(ひよこスターズ)3試合 3打数0安打2四球
宮本(ブーブーズ)3試合 4打数0安打1打点
鈴木(ひよこスターズ)3試合 4打数0安打1四球1盗塁
     1登板1回0失点


11natsu.jpg 
[写真]SCLの猛者達と戦った選手達=潮見野球場
  1. 2011/08/13(土) 23:38:15|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCL夏祭り初参戦!ソネッツ代表5選手が決定 【8月7日】

成城ソネッツはこの日、8月13日に予定されている『SCL夏祭り2011』に送り出す5選手を発表した。

今回が2回目の開催となるSCL夏祭り。
概要は、SCL加盟28チームからそれぞれ代表選手を募り、ドラフト会議を経て4チームを作り、総当たり戦で優勝を争う大会となっている。

初参戦の成城ソネッツの代表選手は以下のとおり。

飯塚新太 (投手)
北川智一 (内野手)
笠井亮 (内野手・外野手)
宮本和志 (内野手)
鈴木直樹 (外野手)

このほかサポート役としてマネージャーの馬場も参加する。

チームを代表しての出場に笠井は「SCLの選手達に何かひとつ印象を与えたい。粘って粘って出塁したい」と意気込みを語った。



  1. 2011/08/07(日) 22:41:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木2安打「試合に出たい」 【8月6日】

久々に1番打者として先発出場した鈴木が、二塁打を含む2安打と気を吐いた。

初回に先頭打者として右中間に二塁打を放つと、2打席目もレフトへのクリーンヒット。
共に課題の右打席で放った会心の当たりだった。
さらにエラーで出塁し生還した最終打席も含め、積極果敢な走塁でチームメイトを鼓舞。
リードオフマンとして活躍を見せた。

極度の打撃不振で試合前までの打率は.087。
先週までのSCL2連戦はいずれも登板の機会なく、野手としてベンチスタート。
試合中は仲間に檄を飛ばしチームを盛り上げたが、出場はイーグルス戦の代走のみに終わった。

しかしこの日はその鬱憤を晴らす活躍。
鈴木は「今はとにかく試合に出たいが、結果を出さなきゃ出れないのは当たり前。いつでも出れる準備だけはしている」と話し、出場機会増をアピールした。

  1. 2011/08/06(土) 23:45:37|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

望月炎上、またもジャンキーズBに惜敗 【8月6日】

[成城ソネッツ4-7ジャンキーズB@大沢総合グラウンド]

三鷹市のグラウンドで行われた成城ソネッツ対ジャンキーズBの一戦は、4対7でソネッツが敗れた。

酷暑の中、ソネッツは序盤から相手にペースを握られ6点のリードを許すも、高尾や山本の犠牲フライで1点ずつ返し、徐々に追い上げる展開。

しかし2回に6失点のビッグイニングを作られたことが最後まで響き、もう1歩届かず敗戦。

2回4安打4四球7失点(自責点4)の望月は今季4敗目。
ジャンキーズBとの通算成績は0勝2敗1分となっている。

  1. 2011/08/06(土) 22:38:01|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツSCL予選突破の可能性 【特集】

SCL予選Aグループに所属する成城ソネッツ。
現在6試合中5試合を消化し、3勝2敗の暫定3位となっている。
暫定トップのダークスはすでに全試合を消化し決勝Tへの出場を決めており、残る2枠をMUSKイーグルス、成城ソネッツ、TWINS、MIXで争う状況。

すでに自力突破が消滅し、苦しい状況に置かれているソネッツ。
決勝T突破に向けて、今後の展開を考察してみる。

イーグルスTWINS       成城ソネッツ勝ち点
1勝 0分 0敗3勝 0分 0敗-10
0勝 1分 0敗2勝 1分 0敗-
0勝 0分 1敗2勝 0分 1敗
1勝 2分 0敗
1勝 0分 0敗
-1勝 1分 1敗
0勝 3分 0敗
0勝 1分 0敗
-1勝 0分 2敗
0勝 2分 1敗
0勝 0分 1敗
-0勝 1分 2敗-
-0勝 0分 3敗-


ソネッツにとっての最悪はイーグルスとTWINSが引き分けて、TWINSが2勝1分で予選を終えるという展開。
この場合ソネッツは最終戦対MIXに何点差で勝利しようと予選敗退が決まってしまう。

それ以外の状況は以下のようになる。
※ソネッツが最終戦に勝利することを前提とする

① 対イーグルス
イーグルスがTWINSに敗戦した場合、イーグルスとの失点率勝負となる。
よってTWINSがイーグルスに大量点を取って勝利した場合、ソネッツ突破の可能性が高まる。

② 対TWINS
上の表のとおり、この先TWINSが2敗した時点で、ソネッツの突破が確定。
1敗した時点で、失点率勝負、またはソネッツの突破となる。


以上から、ソネッツがMIXに勝利することは必須として、8月27日に予定されているイーグルス対TWINSの結果がソネッツの予選突破を大きく左右することとなりそうだ。
どちらかのチームが大量点を奪えば、ソネッツ予選突破の可能性が一気に高まることとなる。

  1. 2011/08/05(金) 21:45:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad