SONNETS NEWS

ミス・ミス・ミス…土壇場で追い付かれ無念の引き分け 【11月26日】

[成城ソネッツ3-3芳山堂ゴールデンズ@北区中央公園]

砂がこぼれるように、つかみかけた勝利がさらりと消えてしまった。

GBN決勝T2回戦は強豪・芳山堂ゴールデンズとの対戦。
序盤から芳山堂エース・綾野投手を攻め立て、飯塚、北川の適時打などで順調に加点。
ソネッツ先発の鈴木も、ピンチを作るも要所で三振を奪い得点を与えない。
5回までで3対0と完全にソネッツペースで試合が進む。

しかし最終回となった6回。
四球や失策などで1、2塁とすると、右前に適時打を浴び1失点。
さらに遊撃・北川の悪送球が適時失策となり1点差に詰め寄られる。
ここで鈴木が左前に同点適時打を打たれて、3対3。

試合はそのまま引き分けに終わった。

内外野合わせて失策は4つ。
序盤は鈴木の力投により失点には結び付かなかったものの、しぶとい攻撃を見せる芳山堂打線は最終回の2失策を見逃してくれなかった。
失策→適時打→失策→適時打という悪循環で、セーフティリードと思われた3点があっという間に消えた。

試合後、決着を付けるため、すぐに再試合の実施が決定。
それに合わせて、ソネッツは急遽世田谷に戻りハードな強化練習を敢行し、課題の守備を鍛えた。

互いの手の内を見せあった上での第2ラウンド。
つかみ損ねた勝利を、準決勝への切符を、今度こそがっちりつかみたい。


▽北川(3安打も痛恨の失策)「あそこでアウトにしていれば勝っていた。申し訳ない気持ちは次戦で必ずぶつけたい」

▽鈴木(6回12Kの力投)「最後は芳山堂の執念で追い付かれた。肝心なところで踏ん張れなくて申し訳なかった。内野手はエラーを引きずってしまっていた」

▽谷口「今日は負けなくって良かったという気持ちが強い。チームとして収穫もあった。来週は絶対に勝ちたい」

スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 00:32:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソネッツ、SCL準決勝で敗退 【11月12日】

[成城ソネッツ0-1ダークス@二子玉川緑地運動場]

成城ソネッツ対ダークスのSCL準決勝は0対1でダークスが勝利。
ソネッツはベスト4で敗退が決まった。

あと一歩届かなかった。
Wエースの一角・鈴木、そして不動の4番・谷口を欠いて臨んだ準決勝。
それでも4試合連続でSCLの先発を任された飯塚の熱闘で3回まで0対0。

しかし4回に守りのミスで先制を許すと、その後はダークスのエース石津投手から一人もランナーを出すことができずに試合終了。
昨季に引き続き1点差での敗退に悔しさが残った。

それでも数々の強豪チームを倒してのベスト4。
鈴木・飯塚のダブルエースがきっちり試合を作り、バランスのいい攻撃で得点効率が上がるなど、結果・内容ともに昨季を上回る戦いを見せることができた。

驚異の速度で進化を続けるソネッツ。
「今日の敗戦はもう忘れる。次はGBN」と、望月の力強い言葉が示すとおり、ソネッツナインはすでに次の戦いを見据えている。

DSC_0827.jpg
[写真]空振り三振に倒れ最後の打者となる高尾=二子玉川緑地運動場
DSC_0844.jpg
[写真]SCL敗退に肩を落とすソネッツナイン
  1. 2011/11/12(土) 21:46:31|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日替わりヒーロー、さぁ次は? 【特集】

成城ソネッツは今季ここまでSCL8試合を戦い、6勝2敗という成績。
先月のHustle Japan戦の勝利でついにベスト4まで上り詰めた。

その原動力となっているのは、もちろん鈴木・飯塚の左右両エース。
共にここまでSCL防御率1点台と安定したパフォーマンスを見せ、きっちり試合を作っている。

一方の打線の方は、飛び抜けた成績を残す選手こそいないものの、それぞれが自らの役割を理解し、全うし、チームとしての戦い方がしっかりできている。
そしてその上で毎試合キーマンが現れ、試合のポイントで活躍し、チームに勝利をもたらしてきた。
日替わりでヒ―ローが現れる、これこそが今季のソネッツの強さ。

getters戦では石山、レッドスピリッツ戦では高尾が先制適時二塁打を放ち、そのまま勝利。
強力な投手力を誇るソネッツは勝利した6試合全てで先制点を挙げ、逃げ切っている。

TWINS戦では望月が入鹿投手から本塁打を放ち、MIX戦では谷口がダメ押し三塁打を含む3打点と活躍した。

決勝トーナメントに入っても、肉骨茶戦では9番打者の笠井が勝利を決定づける適時打を含む2安打。
そして記憶に新しいHustle Japan戦では主砲・谷口が決勝の適時二塁打を放った。

敗戦した2試合でも山本が渋い活躍を見せるなど、文字通り全員が勝利に貢献し、勝ち進んできたソネッツ。

悲願のSCL頂点まで残りは2試合。
さぁ、次のヒーローは誰だ!?
  1. 2011/11/09(水) 18:39:29|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mr.ノーヒッター!飯塚宣言パーフェクトならずも二度目のノーヒットノーラン達成 【11月5日】

最終回、無情にも一塁手・宮川のミットからボールがこぼれ落ちた。

「今日は完全試合をやります。ミスター・パーフェクトの称号をもらいます」と試合前に話していた飯塚。
そして本当にその言葉どおり、初回から制球を意識した丁寧なピッチングで凡打を重ね、1回から6回まで全て三者凡退。

最終回に完全試合こそ逃したものの、今年7月9日モスキート戦以来2度目のノーヒットノーランを記録した。
過去には鈴木もノーヒットノーランを二度記録('08、'10)しているが、同一シーズンではもちろんチーム史上初。

SCLの決勝トーナメントでも2試合9回を投げわずか1失点と好投を続けるルーキー。
エキシビジョンの7回裏には世田谷公園のフェンスに直撃する二塁打を放つなど、毎試合、投打において存在感抜群。

空気の涼しい季節になっても、この男の勢いは止まることを知らない。


DSC_0187.jpg
1105arata.jpg
[写真](上)力投を見せる飯塚、(下)完全試合を逃し少し悔しそうな表情を見せる
  1. 2011/11/05(土) 23:14:59|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯塚2度目のノーヒットノーラン!ソネッツ完勝 【11月5日】

[成城ソネッツ3-0中大多摩川野球会OB@世田谷公園]

中大多摩川野球会OBと3度目の通算3度目の試合。

この日は初回から先発飯塚が絶好調。
打たせて取る投球で6回までパーフェクトピッチ。

打線もこの日7番で先発した宮地に久々の適時打や重盗、内野ゴロで3得点。
終わってみれば飯塚が今季2度目のノーヒットノーランを記録し、3対0で完勝した。

クリーンアップの谷口や飯塚も好調を維持、北川も2安打を放つなど、来週に予定されているSCL準決勝に向けて弾みをつける1勝となった。

DSC_0333.jpg
[写真]快勝に笑みのこぼれるソネッツナイン=世田谷公園
  1. 2011/11/05(土) 22:57:40|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad