SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SCLT雨天中止で急遽開校、新太塾 【2月25日】

この日予定していた成城ソネッツ対品川ダイヤモンドバックスのSCLT1回戦は、未明から降り続いた雨の影響で中止となった。
代替試合は今月17日、砧公園での実施が決定した。

中止が決定を受け、選手達は急遽世田谷区内の施設で打撃練習を敢行。
練習中には飯塚が藤野、内田らに打撃の熱血指導を行った。
チーム最年少教師からの金言を受けた選手達は黙々とバットを振り込み、約1時間汗を流した。

その後、同施設にて卓球を変形した新スポーツ“カイザーゲーム”で特訓。
約3時間、ぶっ続けでハードな運動を行い、練習を提案した望月は「試合2試合分くらいの疲労、いい運動になった」と、普段とは違うスポーツにリラックスした表情を見せた。

計約4時間の特訓の成果は、来週の草魂、SCLの公式戦ダブルで発揮する。


20120225_140311.jpg
[写真]チームメイトに指導しつつ、自らも快音を連発した=世田谷区
スポンサーサイト
  1. 2012/02/25(土) 23:21:21|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白熱の投手戦!両者一歩も譲らずスコアレスドロー 【2月18日】

[成城ソネッツ0-0ジャンキーズB@大沢野川グラウンド]

18日、成城ソネッツはジャンキーズBと対戦し、0対0の引き分けに終わった。

好投手を擁する両チーム、チャンスで1本が出ず、両者無得点のスコアレスドロー。
意外にも0対0での引き分けはチーム史上初であり、打線が湿りがちなこの時期ならではの“珍事”となった。

先発した鈴木は4回無失点と上々の仕上がり。
「ストライクゾーンが厳しい中でよく投げた」と自讃した。
後を継いだ飯塚も3回を無失点にまとめ、四死球4とやや“らしく”なかったが、強力打線を相手にきっちり要所を締めた。

これでジャンキーズBとは通算4度目の対戦で未だ勝ち星なしの2敗2分。
次こそはライバルから初勝利を奪いたい。

来週からはいよいよハードな公式戦連戦が開始。
2試合連続無失点の投手陣は完全に仕上がっている状態であり、後は打線がどこまで奮起できるかがポイントとなりそうだ。

▽山本「(チーム計3盗塁刺について)機動力を封じられた時に、もう少し攻め方の工夫が必要」
  1. 2012/02/18(土) 21:25:16|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刺激的!GBN2部に昇格 【2月15日】

15日、GBN春季大会のグループ分けが発表され、成城ソネッツは関東2部のAグループに所属することが決まった。

4部から2部へステップアップ。
同グループには、何度も苦杯を嘗めさせられてきたチームの名前が並んでおり、予選突破への道は、昨季よりも遥かに険しくなることが予想される。

しかし、組分け発表を受けた選手達はすでに気合い十分。
副主将の望月は「刺激的なグループ。2部で1位を目指したい」と抱負を語ると、主将の北川も「NEW ODDS、DOOBIESには絶対に負けるわけにいかない」と、対戦が待ちきれない様子だった。

来月10日、三鷹市1部に所属するバッドフェニックスとの試合で激戦の火蓋が切って落とされる。


  1. 2012/02/15(水) 18:40:55|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年開幕!初戦は完封で白星スタート 【2月12日】

12日、成城ソネッツの今季開幕戦が行われ、アクアパアニを相手に1対0で勝利した。

2009年以来の日曜開催試合となった2012年初戦。

2年連続開幕投手に選ばれた望月が4回まで無失点に抑えると、後を継いだ鈴木も2回を零封。
すると0対0で迎えた6回裏に3番飯塚の内野ゴロで1点を先制し、ついに均衡を破る。
最終回は飯塚が3人で締めてゲームセット。
ソネッツ自慢の3投手が完封リレーで役割を果たし、見事開幕戦を白星で飾った。

打線の援護は1点にとどまったが、内野安打で出塁した佐久間が果敢な走塁を見せ1点をもぎ取るなど、ソネッツらしい泥臭い点の取り方も見られた。

4番でチーム初安打を放った谷口は「思っていたより(打撃の調子は)いい感じ。去年後半のいい状態をキープできている」と話し、望月も「打線はまだまだこれから良くなってくる」と表情は明るかった。

チームは次戦、ジャンキーズBとの対戦を経て、いよいよ今月25日にSCLトーナメント1回戦・品川ダイヤモンドバックス戦を迎える。


▽飯塚「(無安打も今季初打点に)クリーンアップが打点を挙げればチームの勝利につながる。今季は打点にこだわりたい」

▽山本「二塁は久々だったが無難に守ることができた。様々なポジションの準備をしたい」

▽望月「(4回無失点)下半身が思うように動かなかったが、抑えることができてホッとしている」

DSC_0098.jpg
DSC_0106.jpg
[写真]開幕戦の様子=大田区
  1. 2012/02/12(日) 23:44:57|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草魂7度目の挑戦へ 【特集】

今から4年前の2008年、結成4年目の成城ソネッツは草魂カップに初参戦。
その年、エース鈴木、4番宮川を軸に接戦を幾度も制しベスト8まで上り詰めた。

しかし、その後は毎年春・秋と挑戦するも、頂点どころかその記録に並ぶことすらできずに敗退。

久々に3回戦を突破したのはまだ記憶に新しい2010年。
チームの状態も良く一気に優勝を狙えそうな勢いがあった。
しかし4回戦でジャンキーズBにまさかのノーヒットノーランを喫し無念の敗退。

昨季はスーパールーキー飯塚を加えて春大会に参戦したが、わずか2回戦までしか進めず、もはやソネッツにとって相性の悪い大会という印象すらある。

そして今季は7度目の挑戦。
毎年実力を上げてきたチームの一つの結果として、今季こそ過去の記録を塗り替えたい。

昨季の決勝カードは、ソネッツを2回戦で破ったNEW ODDS対肉骨茶。
また日曜大会は、2年前にB大会で死闘を演じた品川オリオールズが制しており、いずれもソネッツと実力の拮抗したチームがその栄誉に輝いている。

参戦当初は草魂優勝など遥か雲の上だったソネッツだが、強者揃いのSCLで2年連続好成績を収めた現在では、その頂点は決して手の届かない場所にあるわけではない。

一発勝負のトーナメントを勝ち抜くために必要なのは、やはり投手力。
鈴木、飯塚のWエースが初めて健在で迎える今季、幾度も悔しい想いを味わったこの大会で、どこまで勝ち進むことができるか、注目してみたい。

気になるトーナメント組合せは今月15日に発表、開幕は3月となっている。

過去の戦績
2008年ベスト8
1回戦敗退
2009年2回戦敗退
2回戦敗退
2010年ベスト16
2011年2回戦敗退


草魂カップ
http://sohkon.net/
  1. 2012/02/12(日) 11:34:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソネッツ新PVを公開 【2月5日】

5日、成城ソネッツの新PV「ソネッツレボリューション2012」が公開された。

前作より約1年半ぶり。
今回は2010年8月から2011年12月までの選手ごとのハイライトシーン(※昨季活躍した選手限定)がSuperflyの名曲と共に流される。
またホームページの選手名鑑ともコラボしており、各選手のキャッチコピーが使用されている。

2012年開幕まで、残り約1週間。
充実の戦力を引っさげたソネッツが、PVのタイトル通り草野球界に“革命”を起こす。

なお、特典映像を収録したDVDは後日クラブハウスで視聴可能となる。

http://youtu.be/alA0fPYod8Y
  1. 2012/02/05(日) 21:45:50|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤野らが恒例の雪山トレ 【2月4日】

開幕を8日後に控えた成城ソネッツが、毎年恒例の雪山トレーニングを群馬県で行った。

好天に恵まれた中、北川、藤野、内田、近藤はスノーボード、飯塚はショートスキーを装着し、約4時間半の滑りを楽しんだ。

北川は「楽しかった、全員怪我なく終われて良かった」と話し、初参加の飯塚は「足の筋肉が張っている。今日で球速が5キロは上がったと思う」と充実感を口にした。

ゲレンデを後にした一行は温泉で身体を温め、来るシーズンの健闘を誓い合った。

DSCF6080.jpg
[写真]トレーニング前に笑顔で記念撮影=群馬県
DSCF6101.jpg
[写真]持ち前の運動神経で華麗な滑りを披露した飯塚
  1. 2012/02/04(土) 23:13:31|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。