SONNETS NEWS

内田“深刻”開幕5試合音無し… 【3月31日】

飯塚、石山、望月ら、今季から打順変更を命じられた選手達が軒並み結果を残す中、昨季チーム2位の高打率を残した内田がスランプに苦しんでいる。

ここまで5試合14打数0安打。
凡打の内容もポップフライが多く、昨季の活躍とはほど遠い状態に陥っている。


“2番打者”という新しい役割。
3番飯塚の前ということもあり、投手の責めも厳しく難しいポジションであるが、それ以前に自分の打撃ができていない様子。
本人も「三振を恐れるあまりバッティングが崩れている」と話すとおり、ここまで14打席で6三振。
アロハ戦では自身初の3打席3三振という屈辱も味わった。
打席の度にバットを変え、バッターボックスでは何度も首を傾げるなど、どうやら悩みは深そうだ。

しかしこの日行われた練習では快音を響かせる場面もあり、光明は見え始めている。
練習中には飯塚のアドバイスに何度も耳を傾け、崩れたフォームを立て直すべくバットを振り込んだ。

ここまで安打は出ずとも、小技やランナーを進める打撃ができる内田への首脳陣の信頼は揺るがない。
主将の北川も「しばらくは打順変更は考えていない」と、打順降格を否定。

まだまだシーズンは序盤。
“ソネッツ野球の申し子”が2番打者として定着できれば、クリーンアップが好調なだけにチームの得点率のさらなる向上が期待できるはず。
とにかくまずは“1本”。
どんな形でもいい、不振脱出への何よりの特効薬はスコアブックの赤い線に違いない。


120331uchida.jpg
[写真]打率.000の内田、復活の日は近い!?


スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 23:57:38|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GBN2部はドロー発進 【3月31日】

[成城ソネッツ4-4バッドフェニックス@大沢野川グラウンド]

強風の中行われたGBN2部予選グループA、成城ソネッツ対バッドフェニックスの試合は点の取り合いの末に4対4の引き分けに終わった。ソネッツの引き分けは今季3試合目(6試合中)。

春の嵐が吹き荒れる中、ゲームの風向きも二転三転した。
初回、ソネッツ先発の鈴木は四球と2本の安打で2点を失う厳しい立ち上がり。
ソネッツは3回に石山、飯塚の連続適時打で同点に追いつくと、藤野のセカンドゴロを相手二塁手が後逸する間に1点を勝ち越す。
しかし直後の4回に2死2、3塁からショート後方に落ちる逆転適時打を浴び、再び1点を追う展開に。
その裏、ソネッツは佐久間と高尾が重盗ですぐさま1点を奪い、4対4の同点に追いつく。
勝ち越したいソネッツだったが、試合はそのまま決着が付かず、引き分けのまま試合終了。

三鷹1部所属の強敵と痛み分けしたソネッツは、勝ち点1を手に入れ暫定2位。
次週の相手調布ブルーサンダースから初勝利をもぎ取り、予選突破へ向け弾みをつけたい。

▽笠井(サヨナラのチャンスで凡退)「勝たなくてはいけない試合だった。最後に打てなかったのが…」

120331debu.jpg
[写真]今季初打席で安打を放つ藤野=大沢野川グラウンド
  1. 2012/03/31(土) 20:28:42|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好調・佐久間、特大二塁打で復活アピール! 【3月24日】

今季最多の5本の適時打が飛び出したソネッツだが、ベンチが1番の盛り上がりを見せたのは2点リードで迎えた4回。

1死1、2塁で、バッターボックスにはこの日指名打者で出場していた佐久間。
第1打席でも先制点を呼び込む鋭い打球を放っていたが、この打席でもカウント1-1から直球を芯で捕らえると、打球はライトの頭上を軽々超えてゆき、走者1人を還す二塁打。
自身約11ヶ月ぶりの長打によってチームに貴重な追加点をもたらした。

昨季は怪我により不本意なシーズンを過ごした佐久間。
一時は引退も考えたほど悪化した右膝だが、現在は状態が良好ということもあり、今季はここまで持ち味の積極打法、積極走塁を存分にアピールする活躍を続けている。

今季の終わりには37歳を迎えるが、溌剌としたヘッドスライディングはまだまだ健在。
最近は三塁コーチャーとしても腕を上げている常に笑顔の最年長は、ソネッツの癒し系ムードメーカーとしてチームを支え続ける。





  1. 2012/03/24(土) 23:55:24|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯塚、投打で存在感 【3月24日】

もはやソネッツの顔とも言うべき飯塚が、投打共にいよいよ本領を発揮し始めた。

今季初の先発マウンドを前に、試合前から「完封を狙う」と話していた飯塚。
初回から内野の失策や四球でペースを乱しかけるも、このピンチを三振で切り抜けると、2回からはほぼ付け入る隙を与えない投球。
今季初の7回完投で奪三振は7。
テンポのいい投球で試合のリズムを作り、打線の爆発を呼び込んだ。
最終回に守備が乱れて、宣言通りの完封とはいかなかったが、4試合目の登板でついに初勝利。
投球回13回で防御率0.00と、昨季よりもさらに安定感のある投球で投手陣を引っ張っている。

一方、3番が定着してきた打撃では、二塁打を含む適時打2本で3打点。
2本目は高めの直球は完璧に捕らえた会心の当たりだった。

この日は試合開始6時間前から石山らと共に練習。
打撃練習もみっちりこなし「今日はバッティングが絶好調」と話していた通りの一打に、試合後は「まさに練習通りの完璧な打球だった」と笑顔が絶えなかった。

  1. 2012/03/24(土) 22:56:05|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCLT1回戦、9得点挙げDバックスを撃沈! 【3月24日】

[成城ソネッツ9-1品川ダイヤモンドバックス@八潮北公園]

成城ソネッツはSCLT(トーナメント)1回戦で品川ダイヤモンドバックスと対戦し、9対1で勝利した。

2回に佐久間の放ったサードゴロが失策を誘い先制点を挙げると、その後も飯塚、佐久間、笠井、谷口に適時打が飛び出すなど打線が奮起し9得点。
一方先発の飯塚は7回1失点と危なげない投球でDバックス打線をねじ伏せ今季初勝利を手に入れた。
投打に加え、守備面でも多少のミスは出たものの、外野陣が鉄壁の守りを見せるなど、雨天中止が続く中でもチームの状態は上々。
課題と共に収穫の多い試合となった。

2回戦は4月7日に予定されている肉骨茶とレッドスター09の試合の勝者と対戦することが決まっており、いずれも
強敵との対戦となるため、厳しい試合になることが予想される。
  1. 2012/03/24(土) 22:21:46|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングの飛びで飛距離UP! 【3月18日】

この日、成城ソネッツは世田谷区内のチーム御用達のスポーツ用品店にて、「ビヨンドマックスキング」のミドルバランスモデルを購入した。
同バットは、従来のビヨンドよりも軽量化され短く、また重心がグリップ寄りに設計されているため、中距離ヒッターが多いソネッツにとって待望のバット。

購入に際してバットを試用した宮川は「今までのビヨンドとは違う、このバットなら振り抜き易い」と手応えを感じた様子。
また代金を出資した望月は「これでチームが優勝するなら安い買い物。早く試合で使いたい」と新バットで快音を響かせる日を待ちきれない様子だった。

20120318.jpg
20120318 (2)
[写真]新型バットを手にし、満足気な表情を見せる望月=品川区

※代金はチーム全体で割り勘となる予定。
  1. 2012/03/18(日) 23:54:42|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨には勝テズ…ソネッツ4週連続試合中止 【3月17日】

17日、明け方から降り始めた雨の影響により、砧公園で予定されていた品川ダイヤモンドバックス戦が中止となった。

これで成城ソネッツは4週連続での試合中止。
この日の試合はSCLトーナメントであったため、中止決定後すぐさま来週24日への振り替えが決まったが、しかしその24日もすでに雨の予報…。

対戦相手よりもある意味強敵である“天気”と格闘する日々は、まだしばらく続きそうだ。



  1. 2012/03/17(土) 23:19:00|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チームVジャン発表!評判は上々 【3月10日】

成城ソネッツはこの日、予てから製作していた選手用のVジャンを披露した。

チーム創設8年目にして初のセカンドコート。
望月が発案し、年明けから北川がスポーツマリオ担当者と打ち合わせを重ねた末に完成した。

試合前のアップ時に早速着用した選手達。
山本は「裏地はメッシュ素材で、思っていたより温かい」と満足した様子で身体を動かしていた。

揃いのVジャン着用で気持ちも一丸とし、チームは草魂カップ1回戦に快勝した。

120313c.jpg
[写真]右肩に個人ネーム、左肩に背番号が刺繍されている
120313a.jpg
[写真]試合前に記念撮影
  1. 2012/03/10(土) 23:55:01|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨雨雨雨…強化練習一度も実施できず 【3月10日】

例年シーズン当初に二子玉川緑地にて強化練習を実施していた成城ソネッツ。
今季も2月25日、3月3日、10日、17日、31日の計5回の練習を予定していたが、すでにこのうち3回が雨の影響により中止。

31日の練習はGBNの代替試合に充てることが決定しているため、17日の1回のみの予定となった。
しかしこの日もすでに週間予報によると雨の予報となっており、実施できるか怪しい状況。

この日初失策を犯した主将の北川は「守備練習の量が足りていない。確認したい連携プレーもたくさんあるのに…」と無念さを滲ませた。

試合の方もすでに公式戦を3試合を流しており、試合消化の遅れによる過密日程が懸念されている。

  1. 2012/03/10(土) 23:42:10|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草魂1回戦は快勝! 【3月10日】

[成城ソネッツ9-0CLUTCH@総合運動場]

10日、成城ソネッツは草魂カップ1回戦でCLUTCHと対戦し、9対0で勝利した。

ソネッツは初回に石山の適時打で2点を先制すると、2回には望月、笠井の適時打に失策も絡み5点を追加。
その後も山本がエンドランを決めるなどで順調に加点すると、投げては先発の望月が4回無失点に抑える好投を見せる。
最後はリリーフした飯塚が2回を無失点に抑え、9対0でゲームセット。

今季4試合中3度目の完封できっちり守りきり、見事2年連続で草魂カップ1回戦を突破することに成功した。

4回無失点の好投で今季初勝利を手にした望月は「野手がよく守ってくれて、とても楽しく投げることができた」と自らの投球に手応えを感じつつ守備陣への感謝を忘れなかった。

2回戦の相手はすでに西東京ヤンキースに決定済み。
過去同大会で2度ぶつかっており、引き分け再試合を含む3試合で1勝1敗1分と互角の成績となっている。

幾度も名勝負を生んだこのカード、言わば“好敵手”との戦いを制し、頂点に向けて勢いを付けられるか。

  1. 2012/03/10(土) 22:19:21|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad