SONNETS NEWS

4番の意地!谷口奮闘3安打 【4月27日】

主砲の飯塚を先発メンバーから欠く中で、この男が奮起した。

4番で先発した谷口は初回、石山の先制打を呼び込む今季2本目の二塁打を放つと、逆転された直後の4回には同点劇の口火を切る左前安打。
二進後には得意の三盗も決めて、足でも相手投手を揺さぶった。
5回にも勝ち越しのお膳立てをする中前安打を放ち、今季初の3安打猛打賞。
守備でも積極的に声を張り上げ、難しい打球も出足鋭く捌くなど、正に“走攻守”の活躍を見せ存在感をアピールした。

今季出場した全7試合で4番に座っていた谷口だったが、打率は試合前まで.211と厳しい成績。
しかしこの日は「反応で打つことができた」と話すとおり、苦しい試合の中で鋭い打球を三度放ち、チームの全得点に絡む活躍。
好投手からの固め打ちで、今季の打率は.318まで上昇した。

谷口のバットで火のついた打線は2点差を一時逆転する粘りを見せたが、最終回は谷口をネクストバッターズサークルに置いたまま試合終了。
接戦を落としての敗戦に試合後は肩を落とした谷口だったが、気温と共にいよいよ温まってきた4番のバットは敗戦の中でも明るいニュースとなった。

130427tani.jpg
4回に安打を放つ谷口
スポンサーサイト
  1. 2013/04/27(土) 23:59:46|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと1歩及ばず、天敵に惜敗でGBN初黒星! 【4月27日】

[成城ソネッツ 4-5 調布マリナーズ@調布西町野球場]

27日、成城ソネッツはGBN予選で調布マリナーズと対戦し、4対5で敗れた。

GBN予選第3戦、ここまで2勝0敗で首位のソネッツは、この日も石山の適時打で先制点を挙げる好スタート。
しかし3回に鈴木が満塁から走者一掃の適時三塁打を浴びて逆転を許すと、再度逆転して迎えた最終回にも2点適時打でひっくり返され万事休す。

過去公式戦で2度敗れている相手と最終回まで死闘を演じたが、最後に後一歩届かなかった。

これで予選の成績は2勝1敗で暫定2位となり、予選突破のためにはこれ以上負けられないソネッツ。
試合中には相手ベンチから執拗な野次を受けるなど、やや後味の悪い敗戦となっただけに、次戦ハードライナーズ戦で快勝し、悪い流れを変えたいところだ。


▽北川「負けたのは痛いが、悪質な野次をはね返して良い野球ができた。次につなげたい」

▽山本「反省だけが残った。当たっていた谷口につなぎたかった」

▽鈴木「去年もこの時期に悔しい思いをしている。ここから状態を上げていきたい」


130427suzuki.jpg
5失点で今季3敗目を喫した鈴木
  1. 2013/04/27(土) 23:51:34|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打線沈黙、SCLTまさかの初戦敗退 【4月20日】

[成城ソネッツ 0-2 TWINS@二子玉川緑地運動場]

20日、成城ソネッツはSCLトーナメント1回戦でTWINSと対戦し、0対2で敗戦。
昨季準決勝まで勝ち進んだSCLTだったが、今季は1回戦で無念の敗退となった。

小雨の降る中、先週のSCL予選に引き続き先発した飯塚。
初回、先頭打者への四球から失策も絡み満塁とされ、犠飛と適時打であっという間に2点を先制されてしまう。
その後は味方の好守もあり6回までTWINS打線を0に抑える力投を見せるも、打線がわずか1安打と沈黙し、初回の2点を跳ね返すことができなかった。

好投手相手に足を絡めて幾度も好機を作ったソネッツだったが、要所で後1本が出ず、攻撃陣に課題が残る敗戦となった。

昨季のSCLTでは優勝を賭け、再試合も合わせて5試合の熱戦を演じたソネッツ。
あまりに早すぎるこの時期の敗退に意気消沈の選手達だが、次週からは強豪とのGBN連戦が待ち受ける。
負けられない戦いに向け、気持ちを切り替えて臨みたい。

  1. 2013/04/20(土) 21:05:16|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

得点許さん!内田超ビッグプレーでチームを救う! 【4月13日】

“ダイバーオブソネッツ”の異名に相応しい、チームにとって最高のビッグプレーだった。

正にバットにボールが当たった瞬間に打球目がけてダイブ!
抜けていれば完全に同点という当たりを、内田の驚異の集中力と瞬発力でつかみ捕り、チームを絶体絶命のピンチから救い出した。

初回、先頭打者の何でもないゴロを一塁に悪送球。
SCL今季初先発の飯塚の大事な立ち上がりで、相手に流れを与えかねない大きなミス。
二塁守備では昨季は1年間で、わずか2失策と堅守を誇っていた内田だけに動揺を感じたに違いない。
それでもミスを引きずることのチームへの影響の大きさを知る内田は、まるでアウトを取ったかのような表情で、下を向くことなく定位置に戻り、挽回の機会を待った。

そして2点リードで迎えた終盤6回。
飯塚がBY-KINGS打線に攻められ、安打、牽制悪送球、さらに四球で同点のピンチを迎えてしまう。
活気づくBY-KINGSベンチを横目に「序盤に自分の失策で新太のスタミナを削ってしまった」と責任を感じていたという内田。
自責の気持ちを集中力に変え、1番打者の痛烈なライナーをここしかないというタイミングで飛びつき、間一髪捕球に成功。
このチーム史上最高の美技により息を吹き返した飯塚は、センターフライで3アウト目を取った後、内田と抱き合い感謝を表した。

最終回のピンチでも2塁走者がサインを盗み伝達していることを見抜くなど、この日は最後まで冷静だった内田。
飯塚が完封し、チームの勝利が決まると、ようやく笑みがこぼれた。

熱くなりがちなソネッツの三遊間に対し、目先の結果に捕われず、試合中は常に冷静沈着を貫く。
その、チームの“精神安定剤”のような内田の存在感が、この日は一層際立つ一戦となった。


▽鈴木「ミスをしても絶対に下を向かない内田の姿勢は、ピッチャーからすると嬉しい」

▽飯塚「あのプレーに救われた。今日だけは敬語を使ってあげたい」

130420photo (2)
守備で勝利に貢献した内田
  1. 2013/04/13(土) 23:03:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BY-KINGSに雪辱!ソネッツSCL予選初勝利 【4月13日】

[成城ソネッツ 2-0 BY-KINGS@舎人公園]

13日、成城ソネッツはSCL予選2戦目でBY-KINGSと対戦し、2対0で今季予選初勝利。
見事勝ち点2を手に入れた。

昨季の予選で大敗したBY-KINGSとのリベンジマッチ。
ソネッツは2回に中尾の適時打で先制し、さらに4回にも中尾の内野ゴロで追加点を挙げて試合を優位に進める。
すると飯塚がこの2点のリードをしっかり守りきり、強力BY-KINGS打線を5回まで無安打無得点に抑える好投で今季初の完封勝利。

緊迫の投手戦を制したソネッツは今季の予選初勝利を挙げ、暫定ながらグループ3位、失点率は1位に上昇した。

4年連続予選突破に向け、ようやく発進したソネッツ。
次戦も連勝し、決勝トーナメント進出へさらに近づくことができるか。

▽宮本GM「足を使って点を取れたことで、ソネッツペースで試合を運ぶことができた」

130420photo (1)
強力打線を完封した飯塚
  1. 2013/04/13(土) 22:34:29|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

核弾頭・飯塚、3ラン含む6打点! 【4月6日】

3点のリードを奪われた直後の4回。
飯塚の渾身のスイングから放たれた打球は、敗色ムードを切り裂き場外へ消える同点3ランとなった。

再逆転した後の5回にもダメ押しの2点適時二塁打を放ち、2回の犠牲フライと合わせてこの日は6打点の大暴れ。
チーム史上最強1番打者の活躍で、ソネッツは草魂カップ3年ぶりのベスト16進出を決めた。

「今年はチームのためにホームランを打つ」
開幕の日、そう静かに宣言した飯塚。
昨季はコンパクトなスイングで走者を還すことを第1に考え打席に立っていたが、新副主将が自らに課した新たな役割は一撃必殺の“本塁打を打つこと”。
チームに欠けているのは長打力、そして本塁打を打てるのは自分しかいない。
2年連続チームMVPを獲得した男が最高のハードルを自らに設定した。

そして、その言葉通り、リミッターを外した今季の飯塚の飛距離は桁外れにアップし、この日が早くも2本目の場外弾。
本塁打以外にも総合運動場のフェンス上段を直撃する当たりを放つなど、ここまで持ち前のパワーを存分に発揮している。

特筆すべきは2本の本塁打が、共に試合のポイントとなる重要な場面で出ていること。
草魂1回戦で放った1号は、同点の終盤に試合を決める決勝2ラン。
そしてこの日の2号は、3点差を付けられた直後に放った起死回生の同点3ラン。
ただバットを振り回すのではなく、ここぞという場面で狙い球を絞り、研ぎ澄ませた集中力で確実にそれを捕える。
飯塚の野球知識、技術、パワーの全てが凝縮された2本のアーチは、敵の戦意を奪いチームに勝機を与える、まさに“価千金”の一撃となった。

「今年はウエイトで体を作ってきた。10本はホームランを打つ」と力強く話す飯塚。
有言実行の男が今季一体何本のアーチを描くのか、飯塚のフルスイングから目が離せない。

130406arata.jpg
6打点で勝利に貢献した飯塚
  1. 2013/04/06(土) 23:56:11|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草魂ベスト16入り!東横ライナーズとの激闘を制す 【4月6日】

[成城ソネッツ 10-6 東横ライナーズ@玉川野毛町公園]

成城ソネッツは草魂カップ3回戦で東横ライナーズと対戦。
降り頻る雨の中、高尾の決勝適時打などで乱打戦制し、'10年以来3年ぶりに草魂カップ4回戦への進出を決めた。

試合開始から降り始めた雨は徐々に勢いを増し、いつ試合が雨天コールドになってもおかしくない状況。
そんな中、先発鈴木が4回に5点を奪われ、一気にソネッツは窮地に立たされた。

しかしその裏にすぐさま飯塚の3ランで追いつくと、再びリードを許した5回には打者11人を送り込み、5点を奪って一気に試合を決める。

粘りの野球で価値ある一勝を掴んだソネッツ。
次戦、4回戦の相手は府中を本拠地とするDOOBIES。
草魂初参戦の'08年に記録した“ベスト8”を賭け、強豪に勝負を挑む。

  1. 2013/04/06(土) 23:46:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad