SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯塚完封!肉骨茶討ちで”奪首“成功 【6月29日】

[成城ソネッツ 2-0 肉骨茶@世田谷公園]

29日、成城ソネッツはSCL予選でグループ首位の肉骨茶と対戦し、2対0で勝利した。

0対0で迎えた4回、ソネッツは古瀬の二塁打と中尾の安打等で満塁とすると、2死から笠井が右前に適時打を放ち2点を先制する。
すると、このリードを先発飯塚が最後まで守り、7回を被安打1、11奪三振という圧巻の投球で今季2度目の完封勝利を挙げた。

これでソネッツは予選4勝目を挙げて勝ち点は8。
肉骨茶に代わりついにグループ首位に躍り出た。

予選最後の相手は、ここまで驚異の失点率を誇っているレッドスピリッツ。
最終戦を勝利で締め、参戦4年目にして初のグループ首位通過を果たせるか、注目が集まる。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 22:13:16|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソネッツ野球全開!好投手から4点奪う 【6月22日】

「まさにソネッツ野球!」
飯塚が思わずそう発した通り、ソネッツ“らしさ”溢れる攻撃で好投手から4点を奪い、チーム史上初となる草魂カップ準決勝進出を決めた。

試合開始前のミーティング。
主将の北川が「今日は個人よりも、とにかくチームのための仕事に徹してほしい」と伝えた。

早速その言葉が実践されたのは2点ビハインドの初回の攻撃。
安打の飯塚を一塁に置いて、打者は2番内田。
結果は三振に終わるも、好球を見送るなど飯塚の盗塁をサポートし、1死2塁の形を作る。
すると不在の山本に代わり3番に座った北川がこの好機を活かして適時三塁打。
さらに4番谷口は初球を叩き付ける内野ゴロで打点を挙げ、あっという間に同点に追い付いた。

そして2対2のまま迎えた5回も再び1番からの攻撃。
飯塚が三振に倒れると、内田が今度は追い込まれてから変化球を中前へ運んで出塁。
すると、普段よりも大きなリードで投手から牽制球を6球ももらい、集中力を奪われた投手の甘い球を北川が捕えて適時三塁打を放ち、ついに勝ち越しに成功。
続く谷口は初回のリプレイのように再び初球を叩き付けて北川が生還。
貴重な4点目を奪い、試合はそのままソネッツが勝利した。

「どうすればランナーを進められるか、点が入るかを皆が理解していて、今日はそれを実行できた」と北川が話す通り、12三振を喫した打線は“個人”の力では負けていたかもしれないが、各々の役割を全うした打者逹は“打線”として機能し、結果少ないチャンスをものして4点を奪った。

8度目の挑戦で初めてつかんだ草魂カップ準決勝の舞台。
戦いの厳しさはさらに増していくが、安定した投手力と守備力に加え、チーム一丸で1点を奪いに行く“ソネッツ野球”で、一気に頂点へと突き進む。

▽内田「とにかくリードを大きく取って牽制をもらおうと思っていた」

▽谷口「初球を確実に仕留めようと思っていた。狙いどおりの打球だった」

130622uchi.jpg
つなぎの打撃や走塁で勝利に貢献した内田
  1. 2013/06/22(土) 23:59:58|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木完投6勝目!草魂初のベスト4! 【6月22日】

[成城ソネッツ 4-2 オールスターズ@玉川野毛町公園]

22日、成城ソネッツはオールスターズと草魂カップの5回戦を戦い、4対2で勝利を収め、草魂A大会では初となるベスト4への進出を果たした。

2点ビハインドで迎えた初回の攻撃。
安打の飯塚を二塁に置いて、北川の適時三塁打や谷口の内野ゴロですぐさま同点に追いつくと、終盤5回に北川の適時三塁打、谷口の適時内野安打で勝ち越しに成功した。

投げては鈴木が、初回に失策絡みで2点を失って以降、要所を締める見事な投球で7回完投勝利。

12三振を喰らいながらも、甘い球をしっかり捕えて9安打を放ち、盗塁や進塁打できっちり得点を奪うソネッツらしい戦い方で、先週の嫌な敗戦を払拭することに成功した。

草魂カップは8回目の挑戦で初のベスト4。
悲願の優勝まで残り後2勝というところまで上り詰めた。
次戦の相手は強豪チーム・市川ラビッツに決まっているが、この勢いのまま一気に頂点まで突っ走りたい。

▽鈴木(7回2失点で6勝目)「今日は本当に勝てて良かった。ここまで来たら優勝するしかない」

▽北川(3番で3安打2打点)「ランナーを還すことだけ考えていた。後2つ、絶対に勝ちたい」

  1. 2013/06/22(土) 23:19:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守備の乱れで逆転負け…SCL2敗目 【6月15日】

[成城ソネッツ 3-4 MUSKイーグルス@総合運動場]

15日、成城ソネッツはSCL予選でMUSKイーグルスと対戦し、3対4で敗れた。
これで今季の予選の成績は3勝2敗、2試合を残して勝ち点6の暫定4位に着けている。

同予選で2者連続本塁打を浴びるなど屈辱の敗戦を喫して以来、2年ぶりの対戦となったMUSKイーグルスとの一戦。

ソネッツは2回、山本が押し出しの四球を選び先制すると、さらに相手失策で追加点を挙げ、この回3点を先制する。
ところが4回に守備のほころびから一気に同点に追いつかれると、続く6回にも三塁山本の適時失策で失点し、3対4と試合をひっくり返されてしまう。

1点を追うソネッツだが、5回の2死満塁の好機に藤野が倒れるなど、得点を奪えず。
結局6回で8四死球をもらいながら1本の安打も放つことができず、今回の対戦でも苦手のイーグルスを倒すことはできなかった。

無安打、3失策と内容の悪い敗戦にチームのムードも沈み気味。
4年連続決勝T進出がかけて戦う残り2試合、チームの流れを再び変えることができるか。

▽谷口「目に見えないミスも多かった。内容は10対0で負けている気分だった」

▽中嶋「エラーをして申し訳ない。相手と個々の能力の差を痛感した」

▽鈴木「引きずっても仕方ない。また公式戦が続くし、ひとつずつ積み上げていくしかない」

130615takao.jpg
敗戦に厳しい表情の高尾(左)と藤野(右)
  1. 2013/06/15(土) 22:43:31|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷口、通算100安打達成 【6月1日】

1日、谷口力也外野手が第2打席に遊撃への内野安打を放ち、通算100安打を達成した。

100安打を達成したのは北川、笠井、石山に続きチーム史上4人目。
135試合目での偉業は北川、石山に次ぐ3番目のスピード達成となった。

谷口は05年に入団、10年に完全に4番に定着すると、各チームによる厳しい攻めにも屈せず安打を積み重ねてきた。
特筆すべきはその長打の多さ。
100安打中、実に46本が長打。
4番として、貴重な長距離砲として、常にフルスイングでチームの期待に応えてきた。

今季もここまで公式戦では全試合4番に座り、13試合で打率.381、6打点という好成績。
特に最近の公式戦6試合は19打数11安打で.579、4打点と4番の役割を十二分に果たしている。

さらに昨季からは副主将にも就任。
プレーだけでなく時には厳しい言葉で仲間を鼓舞し、チームを表からも裏からも支え続けている。

100安打は大記録だが、谷口の頭の中はあくまでもチームの優勝のみ。
草魂、GBN、SCLのいずれも順調に勝ちを積み重ねてるチームに「優勝を狙えるメンバー」と手応えを感じている。

“外野のリーダー”、“4番打者”、そして“副主将”と一人三役をこなしながら、頼れる男は頂点に向うチームを牽引し続ける。

【通算成績】
試合135 打席422 打数365 安打100 二塁打30 三塁打10 本塁打6 打率.274

130601taniguti.jpg
この日2本の内野安打を放った谷口
  1. 2013/06/01(土) 23:55:11|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笠井決勝弾!9年目で嬉しい初アーチ! 【6月1日】

高々と上がった打球が、ソネッツナインの祈りを乗せて、場外へと消えた。

主砲の飯塚が欠場する中、“新太の穴は全員でカバーする”と試合前のミーティングで気持ちを一つにして臨んだSCL予選4戦目。

歓喜の瞬間は同点に追い付かれた直後の4回の攻撃に待っていた。
打席には2回に先制適時打を放っている笠井。

好調の9番打者は初球を思い切り振り抜くと、打球はぐんぐん伸びて、左翼フェンスを越える勝ち越し本塁打となった。

出場234試合、704打席目にして飛び出した自身初の本塁打。
その貴重な一撃は、4年連続予選突破を目指すSCLの重要な一戦で飛び出した。

笠井の一発で勢いに乗ったソネッツはもう1点を追加し、そのまま3対1で勝利。
正に飯塚の打撃を彷彿させるような笠井の活躍で、ソネッツは貴重な勝ち点2を手に入れた。

「打った自分が驚いた。新太の代わりに打てて良かった」と笑顔を見せた笠井だったが、試合前には頭痛を訴えるなど体調は万全ではなかった。
試合開始後にも「フワフワしてなかなか試合に入っていけない」と話していた笠井だったが、それでも長期間ソネッツのラストバッターを任されてきた男は、自分の打席が近づくに連れて徐々に集中力を高め、先制打の第1打席、本塁打の第2打席と共に初球を確実に仕留めて見せた。

前週は内田、今週は笠井と下位打線の打棒が爆発しているソネッツ。
公式戦の連勝を5に伸ばしたその勢いは、まだまだ止まりそうにない。

130601 (2)
130601 (3)
本塁打を打ち、ナインに迎えられる笠井
  1. 2013/06/01(土) 23:09:17|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投打がっちり!SCL3勝目! 【6月1日】

[成城ソネッツ 3-1 ZEPHYRS@玉川野毛町公園]

1日、成城ソネッツはSCL予選でZEPHYRSと対戦し、3対1で勝利した。

ソネッツは2回に笠井の適時打で先制すると、同点に追い付かれた直後の4回に笠井のソロ等で2点を勝ち越し試合を決めた。
先発の鈴木は6回を本塁打の1点のみに抑える好投で、早くも昨季の勝ち星を越える5勝目を挙げた。

これでSCL予選は3連勝で勝ち点を6とし、暫定順位は3位。
首位を走る肉骨茶との勝ち点差はわずかに「2」とした。

肉骨茶との直接対決も残しているソネッツ、初の予選1位突破を目指して、予選残り3試合を全力で戦う。

130601 (1)
6回完投で今季5勝目を挙げた鈴木
  1. 2013/06/01(土) 23:02:29|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。