SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エースナンバー背負う!川村入団決定 【8月31日】

31日、成城ソネッツは川村裕太投手(24)の入団を発表した。

ついに川村が決断した。
「このチームでやっていきたい」マウンドにいる時と同じ気合いの入った声で、自らの意向を首脳陣に伝えた。

持ち味は闘志を剥き出しにした投球スタイルと、正確な制球力。
大人しいソネッツの野手陣にマウンドから気合いを注入する。

この日、ソネッツはチーム史上2人目となるグラウンドでの入団会見を実施。
川村は「自分が成長できる環境がここにはある」と入団の理由を力強く話した。

過密日程が予想される後半戦を前に、飯塚、鈴木、中尾に続く4枚目にして最強のカードを手に入れたソネッツ。
主将の北川も「早くSCLのライバル達に披露したい」と、公式戦デビューが待ちきれない様子でいる。

注目の背番号はチームで長い間空き番号となっていた「18」。
「新太さんや直樹さんに教えてもらいたい」と謙虚な姿勢の若き右腕が、ソネッツのエースナンバーに伝説を刻む。

130831kawamura (1)
130831kawamura (2)
入団会見に臨む北川(左)川村(中)宮本(右)
スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 20:39:41|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

史上6人目、山本通算100安打 【8月24日】

24日、山本拓人内野手が自身通算100安打を達成した。

「3番・三塁」で先発した山本は、3回に先頭打者として打席に入り右前に節目の一打を放った。
会心の打球ではないが、外角の難しい変化球を反対方向へ運んだ、山本らしい安打。
「気づかなかった」と本人も忘れていたが、前月に達成した飯塚に続き、チーム史上6人目のマイルストーン到達に笑顔を見せた。

山本は05年にソネッツに入団すると、規定打席未到達ながら打率.471の好成績を残しその打撃センスを周囲にアピール。
07年には完全にレギュラーに定着し「安打製造機」と呼ばれるほど打ちまくり、打率.342で首位打者を獲得すると、翌年も安打を重ねてチーム史上初の2年連続首位打者に輝いた。
その後は長きに渡る不振に陥るも、昨季途中から2番に定着すると、バントに進塁打など熟練の小技に加えて鋭い打球を連発。
今季もここまで打率.290の好成績を残し、往年の輝きを取り戻しつつある。

5年ぶりの首位打者には「谷口が良すぎるから無理」と興味を示さないが、勝負の後半戦へ向け、長い充電期間を経て久々にスイッチの入った“ソネッツの安打製造機”が相手チームの脅威となる。

【山本拓人 通算成績】
試合204 打席600 打数468 安打100 二塁打7 三塁打2 本塁打1 打率.214


130824yamap.jpg
守備でも複数ポジションでチームに貢献を続けてきた山本
  1. 2013/08/24(土) 21:43:42|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCL夏祭り、ソネッツ選手存在感示す 【8月17日】

17日、SCL夏祭りこと、SCLのオールスターゲームが夢の島野球場にて実施された。

成城ソネッツからの参加選手は北川、笠井、鈴木の3名。
さらに選手のサポートとしてマネージャーの馬場も参加した。

選手3人はそれぞれ別チームに別れ、4チームで総当たりの3試合を行った。
2試合目には投手・鈴木と打者・笠井の対戦が実現。
2打席対峙し、2打数0安打1三振と、ソネッツのエース左腕に軍配が上がった。

優勝決定戦で鈴木が好機で凡退するなど、ソネッツ選手が所属した3チームとも優勝はならず。
しかしそれぞれ各チームの選手との親交を深め、束の間の球宴を満喫した。

笠井「(鈴木から2打席で13球粘る)ヒットは打てなかったけど、意地を見せられて良かった」

鈴木「いい投球ができて、満足。堤下さんとまたバッテリーを組みたい」

北川「(1勝もできず最下位)一番楽しいチームだった。SCLがまた楽しくなる」

選手成績
北川(関パン)3試合 6打数 3安打 2二塁打 2打点 1四球 1盗塁
     2登板 4回 0失点
笠井(M.kings)3試合 6打数 0安打 1四球
鈴木(サーファーズ)3試合 3打数 1安打 3四球
     1登板 4回 0失点

130817suzuki.jpg 
好投を見せ勝利に貢献した鈴木
  1. 2013/08/17(土) 23:09:16|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中尾の好守光る、守備成績発表 【8月14日】

14日、今季の成城ソネッツの守備成績が発表された。

昨年の合宿から守備の強化に力を注いできたソネッツ。
内野手では内田と北川の二遊間はここまで3つの併殺を奪うなど、共に守備率9割以上と安定。
また過去数年間失策が集中していた三塁だが、今季から加入した中尾が11試合で失策わずかに1 、守備率.950と抜群の成績でチームに貢献している。

外野手では今季24試合出場の谷口が、すでに昨季の倍近い31個の刺殺を記録。
失策は一つもなく、守備範囲の広さとプレーの正確性を証明する数字を残している。

苦しい試合展開に陥っても、守りから攻撃のリズムを作り出せるのか今のソネッツの強さ。

現在各大会の予選を終え、公式戦の中休み期間を迎えているソネッツ。
今後数週間は練習試合で調整を図る予定だが、後半戦も“堅守のソネッツ”が安定感のある戦いで優勝を目指す。

  1. 2013/08/14(水) 23:47:24|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯塚、逆転満塁弾浴びる…GBN痛恨の敗戦 【8月3日】

[成城ソネッツ 6-8 湘南Black Sox@玉川野毛町公園]

3日、成城ソネッツはGBN予選で湘南Black Soxと対戦し、6対8で敗戦。
予選グループでGigersに抜かれ、3位に転落した。

ソネッツは初回に北川の適時二塁打で先制すると、2回にも山本や飯塚の適時打で4点を奪い、試合を有利に進める。
ところが、2回裏に先発・鈴木が四球や3本の安打で2点を失うと、救援した飯塚が逆転満塁本塁打を浴び、さらに失策や2つの押出し死球等で4対8と試合をひっくり返されてしまう。
ソネッツは4回に笠井の安打等で好機を作り、飯塚の押出し死球や北川の犠飛で2点を返すも、反撃はここまで。
Wエースが共に崩れるというまさかの展開で大量失点し、GBN予選で痛恨の一敗を喫してしまった。

これで予選の成績を4勝2敗1分としたソネッツ。
全試合を終了したため、2位に着けているGigersの結果とワイルドカードの動向を見守ることとなるが、2部での初の決勝T進出は極めて厳しい状況に追い込まれた。


▽笠井「1年やっていればこういう試合もある。そんな中でも最後に反撃できたのは大きかった」

▽望月「まだSCLも草魂カップもある。今日ただ負けただけ。切り替えていきたい」

130803mochi.jpg
リリーフで好投した望月
  1. 2013/08/03(土) 20:44:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。