SONNETS NEWS

「楽しく勝つ野球を」新副主将に高尾が就任 【1月26日】

成城ソネッツは26日、谷口に代わり、新副主将に高尾宏一が就任したことを発表した。

初代副主将として2年間務めた谷口の突然の辞任を受け、急遽首脳陣は後任者探しを開始。
熟考の結果、約4年間に渡り個性溢れる投手陣をまとめてた実績、リーダーシップ、そして周囲からの厚い人望を持つ高尾に白羽の矢が立った。

打診を快諾した高尾は、就任にあたり「ソネッツ最年長の強みを活かし、楽しく勝つ野球を目指してチームに貢献したい」とコメントを発表。

歓喜の時も、苦しい時も、マスク越しに静かにナインを見守り続けてきた正捕手が、今季からは先頭に立ってチームを牽引する。

▽高尾「チームはここ数年、毎年あと一歩のところで悔し涙をしている。今季は嬉し涙を流せるよう、皆で切磋琢磨していきたい」

▽北川主将「高尾さんの言葉には、皆が耳を傾ける。これまでの野球経験を活かして、選手達を“闘犬”のように鍛えてほしい」

▽宮本GM「これまで守備の要として貢献してきてくれた。今後は責任のある立場でがんばってもらいたい」

▽谷口「今季は副将と4番を譲ることにるが、今まで通りプレーヤーとしてチームに貢献したい」

スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 20:14:23|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年公式戦展望~SCL編~【特集】

参入5年目となるサタデーチャンピオンズリーグ(SCL)。
ここまで1年目から4季連続で予選を突破している成城ソネッツだが、今季は例年以上に強豪揃いのブロックに所属する。

SCL 2014 Bブロック
 アロハ
 ダークス
 成城ソネッツ
 ブラックバイキングス
 ドンマイ・ロックス
 BY-KINGS
 KRB SATURN


前評判が高いのは、やはり昨季のチャンピオン・アロハ、そしてSCL初年度から7季連続ベスト8以上を続ける、3年前のチャンピオン・ダークスの2強。
毎年安定した戦いを見せるこの2チームは、当然今季も上位に食い込むに値する充実の戦力を整えている。
さらには昨季のリバイバルTを制したブラックバイキングスや毎年ソネッツを苦しめるBY-KINGSも名を連ねており、今季からわずか3つとなった決勝T進出の椅子を賭け、熾烈な争いが予想される。

ソネッツとBブロックのチームの過去の公式戦での対戦成績を見てみると、10試合で1勝6敗3分、得点はわずか9と、圧倒的な相性の悪さを露呈している。
特に3戦3敗のダークスには石津投手に対して20イニングで1得点、2戦1敗1分のブラックバイキングスには佐藤投手に対して14イニングで無得点と、打線が完璧に抑えられている。

組み分け抽選が行われた納会の席では、ダークスの石津代表が「ソネッツは予選を突破できない」とはっきり言い切るほど、関係者の誰が見ても、ソネッツの苦戦を予想するブロック割となった。

それでも選手達は、このブロックの突破に闘志を燃やす。
笠井は「組み合わせを見て一気にやる気が出た。今まで一番楽に予選を突破してやりたい」と、早くも意気込みを表す。

強豪との真剣勝負はチームにとって飛躍のチャンスである共に、“死のグループ”を突破できれば、勢いを持って決勝Tへ乗り込むことができる。

チームの目標はあくまでも“優勝”。
『悲願のSCLの頂点へ』、その序章として、まずはこのブロックで、成城ソネッツが波乱を巻き起こす。


  1. 2014/01/23(木) 20:35:27|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年公式戦展望~GBN編~【特集】

2013年秋GBN2部に参戦している成城ソネッツ。
残り1試合を残して、暫定3位と厳しい状況に置かれているものの、依然決勝トーナメント進出の可能性を残している。

GBN 2013 秋 関東2部 B組(1月18日現在)
1位 5勝1敗0分 HADES 
2位 3勝1敗0分 ハードライナーズ 
3位 4勝2敗0分 成城ソネッツ 
4位 2勝1敗1分 トラベラーズ 
5位 1勝2敗1分 太平洋セメント 
6位 1勝3敗1分 赤坂フォアハンズ 
7位 0勝2敗1分 LFD 
8位 0勝4敗0分 住金物産 

GBNの決勝トーナメント進出の条件は次の2つ。

① グループ順位1位
② グループ順位2位+1試合平均得失点差が、関東2部グループ順位2位チームの中で上位2位以内

① グループ順位1位を獲得するためには、ソネッツが太平洋セメントとの最終戦に勝利し、HADESがハードライナーズとの最終戦に敗れた上で、トラベラーズとハードライナーズの成績を上回らないといけないため、かなり厳しい条件となる。

② 一方でソネッツはここまで1試合平均得失点差が3.16と好成績を残しているため、グループ順位2位になれば②の条件を満たす可能性が高い。
ソネッツが最終戦である程度の点差を付けて勝利し、HADES、ハードライナーズ、トラベラーズの3チーム中2チームが1度でも敗れれば、高い可能性でグループ順位2位を獲得できる。

HADESは残り1試合、ハードライナーズとトラベラーズは残り3試合を残しているため、まだまだ展開は読めないところだが、チーム史上初の2部決勝トーナメント進出を決めるためには、2月22日に予定している太平洋セメントとの最終戦に大差を付けて勝利することが必須条件となる。
  1. 2014/01/18(土) 22:29:20|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原田入団決定!背番号は「6」 【1月5日】

5日、成城ソネッツは原田和弥外野手(24)の入団を発表した。

この日、飯塚らの合同トレーニングに参加した原田。
練習後に首脳陣との入団交渉を行い、わずか数分で正式入団が決定した。

注目の背番号は「6」。
本人の希望は「24」だったが、すでに谷口が着用しているため、2と4を足した数字である「6」を選んだ。

練習では外野の守備に入り、俊敏な動きを披露。
またフリー打撃でも鋭い当たりを連発した。

ソネッツの試合には2011年から出場しており、そのデビュー戦では初打席に場外本塁打を放つなど3打数3安打3打点の活躍。
その後も快打を連発し、通算18打数7安打、打率.389とその実力はすでに証明されている。

「持ち味はミート力。少しでもチームの勝利に貢献したい」と話す原田。
攻撃力が課題のソネッツにとって、今季は打線に頼もしいスラッガーが加わる。

140105harada.jpg
笑顔で入団を発表する原田(左)と宮本GM(右)
  1. 2014/01/05(日) 18:41:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad