SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3週連続試合中止、10年目スタートはいつに… 【2月22日】

22日、成城ソネッツは太平洋セメントとのGBN予選を予定していたが、霜の影響によりグラウンド状態が悪化したため、試合開始約2時間前に中止の決断が下された。

成城ソネッツ10年目のメモリアルイヤーとなる'14年シーズンの幕がなかなか開かない。
8日、15日は雪の影響により試合中止。
ようやく好天に恵まれた22日だったが、水分を多く含んだグラウンドに霜が下りたため、まさかの3週連続の試合中止となった。

これで開幕から3試合連続の中止となり、昨季の中止試合数に早くも並んだソネッツ。
開幕戦が3月にずれ込むのは09年以来5年ぶり。

久々の実戦を前に気合いを入れていた宮川は「前日100球以上打ち込んできたのに残念」と無念さをにじませた。

なお、連続中止試合数は'12年の「5試合」、シーズン最多試合中止数は同じく'12の「15試合」が最高となっている。
翌週の天気もすでに微妙な予報が発表されており、ソネッツの長い冬休みはまだまだ続くかもしれない。

▽北川「公式戦を前に練習試合をたくさん消化したかったが、今は我慢するしかない」

スポンサーサイト
  1. 2014/02/22(土) 23:41:05|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014 PICK UP PLAYER(野手編)【特集】

昨季、草魂カップで後一歩のところで優勝を逃した成城ソネッツ。
それでも公式戦で過去最多の18勝を挙げるなど、快進撃を見せたシーズンとなった。

その中で存在価値を高めたのが、2番打者として最高出塁率のタイトルを獲得するなどチームを支えた山本。
2014年、さらなる飛躍が期待される男にその抱負を聞いてみた。

#10 山本 拓人 開幕直前インタビュー

――― 2013年、シーズンを振り返っていかがでしたか?

山本 拓人(以下「山本」)決勝戦まで進んだのに優勝できなかったことが何よりも悔しかったです。チームとしては内外野共に守備がしっかりしていました。それに引き替え打撃がまだまだ弱いと思うので、今季は得点力アップのためにいろいろ工夫が必要になってくると思います。

――― 山本選手と言えば、草魂カップでの活躍が印象強く残っています。特に決勝戦の一打は勝負強さをアピールしました。終盤のチャンスで勝ち越し打を放ったあの打席を振り返ってください。

山本 前の打席、チャンスでフライを上げてしまったので、強いゴロを転がす意識を持っていました。強い打球を打てば何かが起こると思っていました。満塁のチャンスを作ってくれたみんなの気持ちで打たせてもらいましたね。

――― 首位打者を獲得してから長いスランプに陥っていました。昨季成績が飛躍した理由を教えてください。

山本 2012年シーズンの中盤からバッティングの意識を変えるようにしました。詳しくは話せませんが、それがある程度できるようになってきたことが要因の一つかもしれません。

――― また、6月には節目の100安打も放ちました。

山本 100安打は通過点です。まだまだ上を目指します。

――― 2012年から2番打者に定着しました。山本選手の考える2番打者の役割とは?

山本 去年のうちの打線は1番、3番、4番(飯塚、北川、谷口)が中核だったので、彼らにいかに良い形でつなげるか、ストレスなく打席に入ってもらえるかを考えて打席に入っていました。今季も任せてもらえるのであれば、今まで通りできることをやりたいですね。

――― いよいよ開幕まで後わずかとなりました。今季の目標を教えてください。

山本 まずは今シーズンも怪我なく試合に出続けることが一番です。その上で、外野に新しい選手も
入ったので、競争に負けないようにしたいと思います。また、チームに貢献できるようバッティングの質を高めたいですし、先の塁を狙う意識を強く持ち、盗塁も積極的に狙いたいですね。

――― チームも10年目という節目の年を迎えます。チームの目標はいかがでしょうか。

山本 まずは厳しいブロックに入ったSCLでの予選突破が目標です。このブロックを勝ち抜けば、SCLを含む全ての大会で優勝が見えてくると思いますよ。出るからには当然全ての大会で優勝するつもりでやります。


――― 貴重なお話をありがとうございました。今季も期待しております!


あくまでも目標は「チームの優勝」とする中で、走・攻・守の全てにおいて、向上を目指すと話すソネッツの元祖・安打製造機・山本。
打率や出塁率などの数字も目を見張るが、それ以上に進塁打など状況を考えた打撃によるチームへの貢献度が高く、今季も2番での起用が濃厚とされている。

クリーンアップに得点機を供給し続ける、そのチーム1安定感のある働きが、優勝を目指すチームにとって今季も欠かせないピースとなる。


 山本 拓人 年度別成績








'055.4718.550
'068.1253.192
'0714.34213.435
'0820.29214.433
'0925.19412.333
'1028.20010.403
'1136.12010.245
'1238.14312.327
'1343.27726.417
217.216108.360

140203yama.jpg



  1. 2014/02/03(月) 20:19:26|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。