SONNETS NEWS

“下位打線”奮起でGBN白星発進!【9月27日】

[成城ソネッツ 4-0 DOOBIES@総合運動場]

27日、成城ソネッツはGBN秋予選の初戦でDOOBIESと対戦し、4対0で快勝した。

ソネッツは先発川村がいつも通りテンポの良い投球でDOOBIES打線を打ち取り、試合を作る。
すると打線は2回に内田の適時打で先制し、さらに4回にも再び内田の適時打、終盤6回には高尾の2点適時打で突き放し、試合を決めた。

川村は7回を初回先頭打者の1安打に抑え、今季3度目の完封勝利。
GBNでは昨季から先発4試合連続完封と、抜群の安定感を見せている。

また、この日は7・8・9番打者(内田・高尾・笠井)が9打数4安打で全打点を叩きだす大活躍。
DOOBIES先発池田投手を上位打線が打ちあぐねる中、下位打線が好機をきっちり捕え、試合の流れを引き寄せた。

投打がきっちりかみ合い、秋の予選の開幕戦で白星を手にしたソネッツ。
初のドーム進出に向け、幸先の良いスタートを切ることに成功した。

▽川村(GBN無敗の4連勝)「SCLとは気持ちを切り替えて、予選突破を目指して一戦一戦戦っていきたい」

▽宮本GM「いつも全員が打てる訳ではない。上位が打てない中で下位が良く点を取ってくれた。」
スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 22:08:05|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯塚が決めた!逆転弾&1失点完投 【9月27日】

その瞬間、ベンチから全員が飛び出した。
飯塚の放った強烈な打球がライトの頭上を越えていく。
ダイヤモンドを一周して逆転のホームを踏んだ飯塚を全員が取り囲み、歓喜のハイタッチで迎えた。

この日「4番・投手」として約1ヶ月ぶりに出場した飯塚。
正に投打において完璧なパフォーマンスを見せた。

1ヶ月半ぶりのマウンド。
序盤はフォームに安定感がなく、立ち上がりに四球をきっかけに1点を失った。
しかし、その後は立ち直り、「攻撃の時間は俺が作る」と話す通り、テンポよく相手を打ち取り、5回まで2安打に抑える投球を見せる。

相手投手は過去2試合で1点も取れていないブラックバイキングの佐藤投手。
この日も序盤から走塁死でチャンスを潰し、1点が遥か遠くに見えていた。
それでも飯塚は「このままプレッシャーをかけ続ければ、必ず流れは来る。絶対に点は取れる」とナインを鼓舞し続ける。

そして6回、安打の山本を一塁に置いて迎えた第3打席。
正に“一振り”で劣勢の展開をひっくり返し、自らの言葉通り試合の流れをソネッツのものにした。

4番の逆転弾でムードが最高潮に達したソネッツ。
その裏には左翼・山本が大飛球をランニングキャッチしピンチを救うと、最終回には満塁から大林が2点適時二塁打を放ち、完全に試合を決めた。

チームのエースであり主砲であり、そしてナインの精神的主柱である飯塚。
優勝に向け、改めてその大きな存在感を示した一戦となった。

▽飯塚「久々のマウンドだったが、初回のフォアボールは反省しなくてはいけない。ホームランは完璧だった」

140920 (1)
7回完投1失点で今季8勝目を挙げる
140920 (2)
6回に逆転2ランホームランを放つ
  1. 2014/09/20(土) 23:50:01|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超攻撃走塁!走って走って、流れつかんだ!【9月20日】

三塁コーチャーズボックスの宮本の腕が、またも大きな円を描く。
最終回、核弾頭・大林の特大二塁打で2人が生還し、ついに試合を決める4点目を奪った。

「今日は強気と決めていた」と指揮官が話す通り、この日は序盤から次々と走者を本塁に送り込み、本塁憤死は3つ。
最終回の谷口の憤死で走塁死・盗塁死は6つ目となった。

しかし、結果的に決勝進出を呼び込んだのはこの“超攻撃走塁”。

相手は過去2試合14イニング0点に抑えられているブラックバイキングス佐藤投手。
当然安打を待っているだけでは点は入らない。

盗塁、エンドランと次々と攻撃的なサインを繰り出し、4回には北川が振り逃げと失策で本塁まで突入するなど、指揮官の積極采配にナインの意識も次第に攻撃的に傾いていった。

終盤には相手の守備陣にもミスが出始め、その分投手の球数もかさみ、最終的に飯塚と大林の一撃に繋げた。

BY-KINGSとのSCL予選で7盗塁を決めた勝利に続き、この日もスピード野球で相手を崩したソネッツ。
主将の北川も「うちの野球の形が見えてきた。決勝でもこうした野球を見せたい」と手応えを表した。

いよいよ初優勝をかけたNES本社野球部との決勝戦。
ソネッツ2014年版“超攻撃走塁野球”で優勝旗をつかみに行く。

▽大林「一人ひとりが(足で)プレッシャーをかけること。アウトの質を上げること。今日は全員がそれをできていた」

▽飯塚「大事なのは走り続けること。いつか相手もミスをする。その1回に賭けるのがうちの野球でもある」

140920 (7)
大林の二塁打で本塁に飛び込む谷口
  1. 2014/09/20(土) 23:45:46|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついに決勝へ!ソネッツBV撃破で初優勝へ王手 【9月20日】

[成城ソネッツ 4-1 ブラックバイキングス@世田谷公園]

成城ソネッツは20日、SCLT準決勝でブラックバイキングスと対戦し、4対1で勝利を収め、決勝戦進出を決めた。

ソネッツは初回に守備の隙を突かれて1点を先制されるも、終盤6回に飯塚の2点本塁打で試合をひっくり返すと、7回には大林の2点適時二塁打で突き放し、試合を決めた。
投げては約1ヶ月半ぶりの登板となった飯塚が2回以降はきっちりゼロに抑えて完投勝利。

投打ががっちりかみ合ったソネッツはSCLT参戦3季目にして、ついに初の決勝戦進出の切符を手に入れた。
決勝戦の相手は同日、強豪ダークスを破ったNEC本社野球部に決定している。

創設10年目にしてチーム史上初の優勝がかかった試合は11月以降に実施される。

140920 (3)
逆転本塁打の飯塚を出迎えるベンチ
  1. 2014/09/20(土) 23:39:26|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GBN秋、組み合わせ発表 【9月1日】

1日、GBN秋メジャー大会の組み合わせが発表された。

成城ソネッツはE2A組の所属が決定。
ハードライナーズやDOOBIES、西東京ヤンキースなど、ソネッツと長年しのぎを削ってきたライバルチームに加え、初顔合わせのプロパティーズ、TWO-TWO-PITCHを含む7チームと同グループとなった。

最大の壁となりそうなのは、公式戦通算0勝3敗と相性の悪い調布マリナーズ。
今春のGBN予選では、全勝で予選突破を決めている。



GBN秋メジャー E2A組
1成城ソネッツ
2ハードライナーズ
3NOVIS
4調布マリナーズ
5DOOBIES
6西東京ヤンキース
7プロパティーズ
8TWO-TWO-PITCH


決勝トーナメントに進出できるのは、予選1位チーム、または2位の中で成績上位の2チームのみ。
ソネッツは昨季、春・秋共に後少しのところで、その壁に阻まれ予選敗退を喫している。

しかし今季は春先から公式戦8勝1敗と、チーム状態は絶好調。
チーム史上初のドーム進出を賭けて、いよいよGBN2部、4度目の挑戦が幕を開ける。


◎ GBN春メジャー関東大会組合わせ
www.gbn-sports.com/cont/league201402_e2a.htm

  1. 2014/09/01(月) 21:33:41|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad