SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソネッツ、GBN2部初の決勝T進出 【NEWS】

成城ソネッツが、GBN2部において初の決勝T進出を決めた。

28日のプロパティーズ戦で、2014年秋予選の全日程を終了。
6勝1敗で2位以上を確定し、1位の調布マリナーズが「下位出場チーム」であることから、2部の決勝T進出権利を得た。

ソネッツは2011年にGBNに参入。
その年、4部で決勝Tへ進出したが、1回戦で敗退を喫する。
その後は2部へ移籍したものの、3季連続で予選落ちと苦しい戦いを強いられてきた。
しかし、昨季秋から始まった予選では安定した戦いで勝利を重ね、ついにこの日、念願の切符を手に入れた。

今後は「ドーム決戦」出場を目指した新たなステージでの戦いが待ち受けるソネッツ。
まだまだシーズン序盤ではあるものの、負けられない戦いに向けて、一気にギアをトップへとシフトする。


スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 22:56:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初の予選突破へ、いよいよGBN最終戦 【NEWS】

今週28日、成城ソネッツはGBN秋予選の最終戦プロパティーズ戦を迎える。

ここまで6試合を消化し、5勝1敗の勝ち点Ave.2.5点でグループ2位に着けているソネッツ。
1位の調布マリナーズは※下位出場チームのため、決勝T進出チームの筆頭となっている。

チームの躍進の原動力となっているのが、先週も勝利投手となった川村。
昨季秋から6試合全て一人で投げ抜き、3完封を含む5勝、防御率1.62と正にMVP級の活躍を見せている。
GBN2部通算でも9試合先発で8勝1敗6完封、防御率は1.05と、名実共にソネッツのエースとなりつつある。

また女房役の高尾も予選5試合に出場し、マスクを被った試合は全て勝利し、打撃でも本塁打を放つなど6打点を挙げている。

最終戦におけるソネッツの決勝T進出条件は、「勝利」「引分け」「5点差以内での敗戦」となる。
GBN2部4度目の挑戦にして、いよいよ決勝T進出まで後一歩と迫ったソネッツ。
会心の勝利で念願の切符をつかむことができるか。

※下位出場チーム
◎指定部門より下位部門で予選出場したチーム(以降、「下位出場チーム」)が予選通過した場合、進出する決勝トーナメントは指定部門のトーナメントとなります(下位部門の決勝トーナメントへは出場出来ません)
*ワイルドカードによる予選通過の場合も同じ扱いとします
*追加募集でエントリーした場合も指定部門の扱いは変わりません
*復帰参戦時も指定部門は変わりません
*春季と秋季とでは個別に指定部門が設定されます(春は春の指定部門、秋は秋の指定部門)
*「下位出場チーム」は指定部門決勝トーナメントへは最終枠での出場となります(複数いる場合はその中で予選通過順位を適用)
*このチームが所属した予選グループでは、替わりに次点のチームにその部門の決勝トーナメント進出権利が移譲されます
*権利が移譲される次点チームが「下位出場チーム」だった場合は、さらに次点のチームに進出権利が移譲されます(但し、予選トーナメントの場合は、この移譲が適用されるのは4チーム以上で構成されたグループの準優勝チームまでとします)
*次点のチームがそもそもワイルドカードにより決勝トーナメント進出権利を獲得している場合は、さらに次点のチームに進出権利が移譲されます
  1. 2015/02/26(木) 21:57:56|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土壇場で決めた!高尾、値千金V打放つ 【NEWS】

今季初の公式戦ながら、負ければ予選突破が遠のく大事な一戦。
ソネッツは0対0で迎えた最終回に、2アウトながら満塁のチャンスをつかむ。
凡退すれば勝ちがなくなるこの場面で打席には高尾。
3ボール2ストライクから放った鋭いライナーは、重苦しい空気を切り裂きライトの前で弾む決勝の2点適時打となった。

この男の勝負強さは今に始まったことではない。
捕手というハードなポジション故に昨季まで5年間の通算打率は.153。
決して攻撃型の選手ではないが、試合終盤、ここぞのという場面では話が別。
集中力を研ぎ澄まし、これまで幾度もチームを救う一打を放ってきた。

この日は捕手としても、川村を巧みにリードし今季初の完封勝利に貢献。
味方が拙攻を繰り返した序盤には、盗塁阻止でピンチの芽むなど、チームに流れを引き寄せる活躍を見せた。

昨季終盤10試合では5つの盗塁刺を記録するなど、盗塁阻止率も上昇中。
2季連続で副主将も務めるチーム最年長は、今季も存在感を発揮している。
  1. 2015/02/21(土) 21:05:34|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 2-0 ハードライナーズ【GBN予選】

[成城ソネッツ 2 – 0 ハードライナーズ @総合運動場]
勝利投手:川村 2勝0敗

21日、成城ソネッツはGBN予選でハードライナーズと対戦し、2対0で勝利した。

序盤から両先発投手が踏ん張り、0対0のまま試合は終盤へ。
6回表にソネッツ高尾が2点適時打を放ち、ついに均衡が破れる。
その裏は先発の川村がきっちり抑えて、見事2安打完封勝利。

ソネッツは予選の成績を5勝1敗(暫定2位)とし、GBN2部初の予選突破に王手をかけた。
  1. 2015/02/21(土) 20:49:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 4-3 プロパティーズ【GBN予選】

[成城ソネッツ 4 – 3 プロパティーズ @総合運動場=GBN予選 ]
勝利投手:川村 3勝0敗
セーブ:飯塚 1S

28日、成城ソネッツはGBN予選でプロパティーズと対戦し、4対3で勝利した。

ソネッツは1対1で迎えた5回表に、相手失策や飯塚の犠飛などで3点の勝ち越しに成功する。
その裏に先発川村が2点適時打を浴びて1点差に迫られるも、続く最終回を救援の飯塚がきっちり抑えて試合終了。

ソネッツは予選の成績を6勝1敗(暫定2位)とし、GBN2部で初となる決勝トーナメント進出を決めた。
  1. 2015/02/21(土) 19:50:53|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[10周年記念企画]笠井亮スペシャルインタビュー 【特集】

成城ソネッツ10周年記念企画第二弾として、10年間を振り返るスペシャルロングインタビューを掲載します。

まず第1回目は、ソネッツ結成初年度からいぶし銀の活躍でチームを支えてきた笠井選手の登場です。

――――― 笠井さん、よろしくお願いします。

笠井 亮(以下「笠井」) よろしくおねがいします。

――――― 笠井さんは結成初年度から参加されていますが、その時はソネッツが10年間も続くと思いましたか?

笠井 いえ、3~4年で終わると思っていましたよ。正直始めた時は自分にとって大学の暇潰し的な感じでした。この10年間、本当に色々ありましたけど、北川、宮本のおかげでこんなに長く続けることができて、正直ビックリしています。

――――― この10年間で自分自身や、チームはどう変化してきましたか?

笠井 自分自身、ビックリするぐらい野球がうまくなりました。また、ビックリするぐらい「勝ちたい」という意欲が高まりました。そしてチームはビックリするぐらい強くなりました。昔は投手に頼りきりという試合が多かったのですが、、最近は野手で勝つ試合も増えました。

――――― 野球が上手くなったというのは具体的にどのあたりですか?

笠井 特に成長したと思うのは打撃全般ですかね。昔から打撃が苦手で、どちらかというとあまり好きではなかったんです。ソネッツに入った頃も守備の方がやりたかった。それが今は、好投手からどうやってヒットを打とうかとか、どうやったらチームのためになるかを考えながら打席に入れていると思います。その辺の意識が成長した部分でしょうか。まぁ・・・打率は別ですが(笑)

――――― 先ほど野手で勝つ試合も増えたという話がありました。例えばどんな試合でしょう?

笠井 思い当たるのは去年のSCLT決勝でしょうか。あの試合、もちろん川村がよく投げたのは確かですが、あの霧の中、野手はよく守ったと思います。みんなかなり集中していました。

――――― ではこの10年間で笠井さんの最も印象に残る試合、または出来事を教えてください

笠井 本当に色々あって選べない・・・。ですが、敢えて1試合選ぶなら、2010年SCLのナインフォース戦でしょうか。今思うとあの試合からチームの何かが変わった気がします。自分自身も野球で負けて初めて泣きました。

――――― ナインフォース戦がチームのターニングポイントとなった、その理由とはなんでしょうか?

笠井 SCL1年目は強いチームに歯が立たなかったことにより、もっと強くなりたいという意識が芽生えました。そしてSCL覇者(ナインフォース)にあと一歩のところまでいったことにより、チームの目指す場所、野球がわかった瞬間だったと思うからです。

――――― チームの目指す場所・野球とはなんでしょうか?

笠井 個々の能力では劣っていてもチームとしての能力では負けない。そんな団結力のあるチームでしょうか。

――――― この10年間でご自身のつらかった記憶についてもお願いします

笠井 草魂敗退の試合全部です(笑)。一番つらかったのはもちろんZIMA戦(2013年)ですが、それと同じぐらいつらかったのは八王子市民球場でのジャンキーズBとの試合(2010年)での落球です。他にも色々ありますが、長くなるのでやめておきましょう。


2010年草魂カップ4回戦 このプレーで決勝点を奪われ敗退する

――――― 草魂、SCLにおいても悔しい敗戦はたくさんありましたね。今、特に負けたくないチーム、今季絶対に勝ちたいチームはありますか?

笠井 まずはBLUESです。あとは去年負けたアロハには公式戦では負けたくないですね。あと・・・ダークスには勝ちたいと思います。

――――― 悔しい試合をあげてもらいましたが、逆に自身のベストゲームをあげてください

笠井 去年の太平洋セメント戦や、初ホームランのゼファーズ戦などありますが、やはり出場100試合目のノーマッズ戦での猛打賞が記憶に残っています。


通算100試合目の出場となる試合で3安打4打点の大活躍 後に“笠井記念”と呼ばれる

――――― 10年目の昨季、ソネッツはついに初優勝を果たしました。2ヶ月経過した今、振り返ってみてどうですか?

笠井 最後ちゃんとホーム踏んだかなぁ?(笑)今振り返っても興奮するし、嬉しいです。最終回、自分が三盗に成功した時点でキャプテンなら決めてくれると信じていて、そのままの結果になったことが嬉しかったです。10年間で一番嬉しかったですね。北川、宮本に感謝の思いで一杯になりました。


優勝を決めるサヨナラのホームを踏み、チームメイトから胴上げもされました。
※踏んだかどうか不安になって、後からこっそり踏みなおしています。

――――― 節目を迎えたソネッツは新しいスタートを切りますが、これからどんなチームにしていきたいでしょうか?

笠井 せっかくチームが強くなったのだから、これを持続させていかなければいけないと思います。非常に難しいことですが、ソネッツのみんななら可能でしょう。とにかく、個々の能力で勝てないチームに、全員が一丸となって勝てるようなチームになればと思います。

――――― 笠井さん自身、そしてチームとしての今季の目標を教えてください

笠井 個人としては守備のミスを少なくし、いつのまにか9番から6番にあがり2割5分を打つことです。そしてチームとしては、なんでもいいのでもう一回優勝したい!そのために、勝てる試合を取りこぼさないようにしたいですね。

――――― 最後に笠井さんにとってソネッツとは何か、を教えてください

笠井 かけがえのない存在です。土曜日は毎週時間を忘れて楽しむことができます。

――――― 長時間、ありがとうございました!今季の活躍を期待しています。

笠井 ありがとうございました!

******

その落ち着き払った立ち振る舞い、達観した言動、そして良くも悪くも際立つ試合中の存在感。
男はいつしか周囲に“スター”と呼ばれるようになった。

積み重ねた出場試合数はチーム歴代2位の304試合。
暇つぶしから始まった笠井のソネッツでの日々は、気が付けばかけがえのないものへ変わっていた。

「野球がびっくりするくたいうまくなった」と自信を持って話す表情は野球少年そのまま。
11年目を迎えてもまだまだ勝利に飢える笠井とソネッツの、また新しい挑戦が始まる。

150220kasai
  1. 2015/02/18(水) 21:08:25|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木、チーム離脱を表明 【NEWS】

14日、鈴木が肩・肘の治療に専念するため、1年間チームを離脱する考えを明らかにした。

鈴木は2010年終盤から肩や肘の不調を訴え、その後も痛みを抱えながら登板を続けてきたが、本来の投球ができない試合が続いていた。

特に深刻なのは、崩れたフォームの影響で失われた制球力。
昨季も26イニングで36四死球と、練習試合でもゲームを作れない登板が続き、「野球を辞めようか」と思うほど苦しいシーズンを送っていた。

一方で通算3位の7本塁打を放ったパワーを活かし、一時期は野手への転向も考えた。
それでも、SCLT、SCL/CTの両決勝戦で川村と飯塚がチームの期待を背負い熱投する姿を見て「素直に羨ましい」と感じた鈴木の心は決まった。

もう一度マウンドで活躍したい ー
「投手を辞める時は野球を辞める時」と、自らの考えを貫き、投手としての復活に向けて全力を尽くす道を選択した。

今後は患部の炎症が収まり次第、リハビリ、保存治療などを開始し、改善が見られない場合は手術も視野に入れている。

チーム創設期からその左腕でソネッツを引っ張り続けてきた鈴木。
数々の伝説的ピッチングを披露してきたレジェンドエースが、もう一度輝きを取り戻すために、長く孤独な挑戦をスタートする。

▽鈴木 「優勝する瞬間にグラウンド(マウンド)にいること。それを達成するまでは辞められない。ここ数年何もできていないので、治ったらチームに恩返しがしたい」
  1. 2015/02/14(土) 22:48:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 5-4 アロハ 【練習試合】

[成城ソネッツ 5 - 4 アロハ @砧公園]
勝利投手:川村 1勝0敗
セーブ:北川 1S

14日、成城ソネッツは練習試合でアロハと対戦し、5対4で勝利した。

ソネッツは3対4で迎えた2回裏に川村の適時打で同点に追いつくと、4回にも川村に適時三塁打が飛び出し逆転に成功する。
この1点のリードをリリーフ登板の川村、北川の無失点リレーで守りきり、試合終了。
今季の開幕戦を見事勝利で飾った。
  1. 2015/02/14(土) 22:46:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ、新HPスタート【NEWS】

成城ソネッツは、10周年メモリアルイヤーの目玉企画として、7年ぶりにホームページのリニューアルを実施した。

スタイリッシュなトップページ、シンプルな選手名鑑など、ほぼ全てのページが一新。
未完成部分もあるため、今後も引き続き、さらなる改良を加えていく。

更新は従来から引き続き担当する北川(ニュース、動画その他全般)、宮本(試合結果他)に加え、新副主将の内田、そしてスペシャルアドバイザーとして、新井氏が加わる。
リニューアルに関わる大部分を担った新井氏は「移行するのは大変だったが、ホームページの作成は勉強とても勉強になり、楽しみながらやっている。これからさらに良くしたい」と今後の展開にも意欲を見せる。

いよいよ明日、11年目のスタートを切る成城ソネッツ。
野球だけでなく、自慢のホームページでもNO.1を目指す。

http://sonnets.ciao.jp/
  1. 2015/02/13(金) 22:07:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015 PICK UP PLAYER 【特集】

3年目を迎え、毎年恒例となりつつある“PUP”のコーナー。
2015年は、昨季デビュー後4試合で打率.429と活躍した期待のルーキー富樫に、開幕直前の意気込みを直撃した。

#5 富樫 信 開幕直前インタビュー

――― 成城ソネッツへの入団を決めたきっかけを教えてください。

富樫 信(以下「富樫」)チーム全員が野球に対して真面目であり、オンとオフの切り替えがしっかりしていて、ゲーム中の雰囲気も良く、チームとして野球を楽しめると思ったからです。

――― 全員で勝利という目標に向かう中で野球の楽しみを見出すのがソネッツです。富樫選手もそこに共感されたということでしょうか?

富樫 チーム全員で戦うのを目標に掲げるチームは多いですが、ソネッツは実際にそれを体現できている数少ないチームだと思います。試合で一体感を得られるところにとても魅力的に感じています。

――― 富樫選手は昨季終盤からチームに合流しました。ここまでのソネッツの印象はいかがですか?

富樫 試合の時はとにかく真摯。そして野球から一歩離れた時のギャップがまた楽しいですね(笑)。

――― ギャップと言えば、富樫選手もかなり良いキャラをしていると、すでにチーム内で評判です。

富樫 ソネッツにはたくさん面白い方がいるので、そこに上手く加わっていけたらと思います。情報交換は大切にしつつ、ゲーム中でも明るく出来たら良いかなと思います。

――― いよいよ開幕を迎えます。富樫選手のアピールポイントはどこでしょうか?

富樫 牽制球の数には自信があります。ただし半×××××××××××。

――― 牽制球の巧さには自信があると。

富樫 いえ、牽制球の“数”に自信があります。

―――では今季の具体的な目標をお願いします。

富樫 今季野手として出塁率4割を目指しつつ、投手として復帰する事が目標です。

―――富樫選手はSCL内にも親交の深いチームが多いそうですが、今季対戦したいチームはありますか?

富樫 古巣とは、対戦の場があれば楽しみにしています。あとは風船会さん(風船会FARAWAYS)ですが、肩を万全な状態に戻してから対戦出来たらと思います。

―――ソネッツの選手の中で敢えてライバルを挙げるとすれば誰でしょうか?

富樫 山本さんです。繋ぎを求められる部分が多かったのでタイプとして共通する部分が多いと思います。小技とか選球眼の良さは学ぶべきところかなと。投手としては川村君がライバル…と言うよりは羨ましいなと思います。

―――?川村選手の羨ましい部分とはどこでしょうか・・・。

富樫 自分にないものをたくさん持っているところ。そして何よりマウンドで誰よりも楽しそうにしているところです。 

―――では最後に今季への意気込みを教えてください。

富樫 シーズン通して怪我無くプレーするのは切に願っております。また、昨年果たせなかったSCLのW優勝を目標に、その中で一つでも二つでもチームに良い影響を与えられるように取り組んでいきたいと思います。

――― 貴重なお話をありがとうございました。今季、新人王を期待しております!



投球、守備、打撃において、すでにここまで非凡な才能を発揮している富樫だが、自身のタイプはあくまでも「繋ぎ」であり、その役割を全うしたいと話す。
全員で1点をもぎ取り、それを堅い守備と圧倒的な投手力守りきるソネッツ野球に、正にフィットする選手が現れた。

また、すでにミーティングでは何度もチームメイトを爆笑させており、GM賞の筆頭候補としても名乗りをあげている。

物静かな話しぶりと控えめな言葉とは裏腹に、自信に満ちた表情を見せる富樫。
昨季果たせなかったSCL W優勝へ向けて、また一人、強力な仲間が加わる。

PUPtogashi.jpg
  1. 2015/02/10(火) 23:01:35|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。