SONNETS NEWS

成城ソネッツ 3 - 8 金太郎ベースボールクラブ 【SCL予選】

[成城ソネッツ 3 – 8 金太郎ベースボールクラブ@玉川野毛町公園公園=SCL予選 ]
敗戦投手:川村 5勝3敗

25日、成城ソネッツはSCL予選で金太郎ベースボールクラブと対戦し、3対8で敗れた。

ソネッツは序盤から失点を重ねるも、4番川村の適時打などで反撃し、5回を終わって3対3の同点。
しかし最終回、内野の失策をきっかけに先発川村が金太郎打線につかまり、四球を挟み5連打を浴びて5失点。
その裏の攻撃も無失点に終わり、試合終了。
ソネッツはSCL予選3試合目にして、初黒星を喫した。

乱れたのはソネッツ自慢の守備陣。
得点につながる失策や、記録に残らないミスが度々飛び出し、好投川村の足を引っ張った。
また、攻撃でもサインミスや走塁の凡ミスも飛び出し、競り合いの中で最後まで流れをつかむことができなかった。

これで成績を2勝1敗としたSCL予選。
次なる相手は好調のレッドスター09(5月9日予定)。
6年連続予選突破に向けて、チームの早急な立て直しが必要となる。

▽高尾「川村は良く投げたが、相手は際どいコースに手を出してこなかった。失点につながるエラーがいくつもあり、負けるべくして負けた試合」

▽笠井「新規の相手に、SCLT優勝、SCL準優勝のチームがこんなチームだと思われたことが悔しい」

<川村、4番で2安打2打点>
「4番・投手」で先発した川村。
一時逆転となる2点適時打を放つなど、この日も投打に活躍。
今季4番に座った試合は打率.400(15-6)をマークするなど、打線の核として存在感を発揮している。

<内田、2安打1打点>
自身SCLで初の1番として出場した内田が2安打1打点と活躍。
初回に先頭打者として安打を放ち先制のホームを踏むと、4回には三塁線に強烈な同点打を放つ。
5点を追いかける最終回にも右翼線に安打を放つなど、敗戦の中でトップバッターとしてチームを引っ張った。
これでSCLの打率も.444と上昇するなど、好調をキープしている。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/25(土) 22:15:03|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 12 – 2 SLASH【SCL予選】

[成城ソネッツ 12 – 2 SLASH@世田谷公園=SCL予選 ]
勝利投手:川村 5勝1敗

11日、成城ソネッツはSCL予選でSLASHと対戦し、12対2で勝利を収めた。

先制点を奪われた直後の2回裏。
ソネッツは川村の内野安打等で満塁のチャンスを作ると、1番北川が右越えに逆転満塁本塁打を放ち、4対1と試合をひっくり返す。

その後も高尾や笠井に適時打二塁打が飛び出すなど、重ねた得点は今季最多の12点。
そのリードを川村、中尾の継投で守り切り、試合終了。

盤石の試合運びでSCL2試合連続逆転を収め、予選の成績を2勝0敗(暫定2位)とした。

<川村、早くも今季5勝目>
5回1失点で今季5勝目を挙げた川村。
チーム8試合目で5勝は、年間20勝ペース。
昨季、鈴木の持つチーム年間最多勝利記録「13」に後1勝と迫った川村が、今季どこまで勝利数を伸ばすかに注目が集まる。

<北川、3年連続満塁弾>
2回に今季1号満塁本塁打を放った北川。
満塁本塁打は3年連続の4本目となり、チーム歴代1位。
自身の通算本塁打8本のうち4本が“満塁弾”と、満塁男ぶりを発揮している。

<中尾、SCL登板デビュー>
最終回にリリーフ登板した中尾。
SCLの舞台で登板したのは、鈴木、飯塚、望月、川村に続き、ソネッツ史上5人目。
1回を投げ、2安打1四球1失点とほろ苦いデビュー戦となったが、次回登板時の巻き返しが期待される。
  1. 2015/04/11(土) 22:53:23|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 4 - 2 アロハ【SCLT 1回戦】

[成城ソネッツ 4 – 2 アロハ@玉川野毛町公園=SCLT1回戦]
勝利投手:飯塚 1勝1敗

4日、成城ソネッツはSCLT1回戦でアロハと対戦し、4対2で勝利を収めた。

ソネッツは1点ビハインドで迎えた1回裏、堀江や鈴木の適時打等で3点を奪い返し逆転に成功。
先発飯塚はアロハ打線を7回を2失点に抑え、今季初勝利を挙げた。

大会連覇を目指すソネッツは、2回戦でBLUESと玉ノ井ダリーズの勝者と対戦する。
  1. 2015/04/04(土) 22:52:51|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad