SONNETS NEWS

成城ソネッツ 3 - 6 ハードライナーズ 【PJC/決勝T1回戦】

[成城ソネッツ 3 - 6 ハードライナーズ@東調布公園=PJC/決勝T1回戦]
敗戦投手:川村 3勝3敗

22日、成城ソネッツはプライドジャパンカップ決勝T1回戦でハードライナーズと対戦し、3対6で敗れた。

プロスタでの全国大会を目指し臨んだ1回戦。
ソネッツは初回、3番川野の適時打等で幸先良く2点を先制する。
しかし先発川村が3回に内野のミスで1点を失うと、4回には2本の適時打で2対4と逆転を許す。

反撃したいソネッツは毎回得点圏に走者を進めるも、5回に北川の適時打で1点を返すのが精一杯。
逆に最終回の6回にハードライナーズに2点を追加され、そのまま3対6で試合終了となった。

今大会、予選、決勝トーナメントと2度ハードライナーズに敗れたソネッツ。
決勝Tは無念の初戦敗退となり、プライドジャパンカップ初挑戦は、悔しさの残る結末となった。

▽川野「走塁が課題。もっと積極的に行けたし、(牽制刺は)痛い場面でミスが出てしまった」

▽北川「どの大会でも上に進めば高いレベルが求められる。守備も攻撃ももう1ランク上のプレーをしないと勝てない」

<流れを手放した3つのプレー>
初回に主導権を握ったのはソネッツ。
しかし、中盤以降は守備のミスにつけ込まれ、勝負どころで痛打を浴び、一気に突き放された。
流れが変わったポイントは序盤から中盤にかけての3つのプレー。

①牽制刺
2回裏、2対0で迎えたソネッツの攻撃。
2死から相手の失策、そして8球粘った笠井の四球で、1、2塁のチャンスを作る。
しかし、二塁走者の内田が鋭い牽制球に刺されて追加点ならず。
制球に苦しむ相手投手を助ける形となった。

②守備の乱れ
直後の3回表、1死2塁でハードライナーズの1番打者を迎える。
川村が打ち取ったゴロを捌いたサード葵の一塁への送球がわずかに逸れると、笠井が打者走者と交錯し、ボールが転がる間に1点を失う。
続く打者を打ち取っていただけに余計な失点となってしまった。

③本塁憤死
さらに続く3回裏のソネッツの攻撃。
上床を二塁に置いて、北川が三塁線にバントを転がす。
相手投手の送球が乱れる間に、上床が三塁を回り本塁に突入するも、タッチアウト。
際どいタイミングであったが、ソネッツにとって厳しい判定となり、ここでも追加点のチャンスを逃す。

立て続けに、相手に勢いを与えるプレーが続いたソネッツ。
この直後、川村が先頭打者に四球を与え、あとは完全にハードライナーズにペースを握られ防戦一方の展開に。
一度失った流れが再び戻ってくることはなかった。

<天敵との対戦成績>
かつてSCLでは世田谷ダービーと称されたこのカード。
公式戦では昨年から2試合連続逆転負けとなり、対戦成績はソネッツの2勝5敗。
今後も必ずどこかの舞台で戦う相手だけに、早めに嫌なイメージを払拭しておきたい。

年月日 大会 結果
2010年4月24日 SCL予選 ●1-5
2013年3月9日 SCL予選 ●0-3
2013年5月4日 GBN予選 〇6-2
2013年10月12日 GBN予選 ●2-3
2015年2月21日 GBN予選 〇2-0
2015年11月28日 PJC予選 ●5-8
2016年10月22日 PJC決勝T ●3-6


スポンサーサイト
  1. 2016/10/22(土) 22:53:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドネシアの大砲・新内 入団決定 【NEWS】

成城ソネッツは15日、新内龍之介外野手(28)の正式入団を発表した。
背番号は「55」に決定。

新内は2015年9月5日にソネッツ初出場を果たすと、この日のダークス戦まで4試合に出場し、12打数4安打 打率.333の成績。
4安打の内訳は二塁打3本、本塁打1本という強打ぶり。
この持ち前の長打力が評価され、入団へとつながった。

入団発表で新内は「憧れの大田泰示と同じ55番をもらえて光栄。インドネシアで培った実力でチームに貢献したい」と意気込みを語った。

東南アジアのスラッガーが、ソネッツに新たな風を吹き込む。

▽ 宮本GM「非常に長打力がある。パワーに期待している」

▽北川「チームに不足してるパワーに期待したい」

161015.jpg
入団発表の様子
  1. 2016/10/15(土) 23:03:40|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記録で振り返るSCL 【特集】

先月24日、レッドスター09とのCT1回戦に1-2で敗れ、ソネッツの7年間に及ぶサタデーチャンピオンズリーグ(以下「SCL」)の戦いが幕を閉じた。
ついに1度も優勝を果たせなかったSCL。
2010年に参入してから、ここまでの戦いを振り返る。

過去7年全てチャンピオンズトーナメント(以下「CT」)に進んでいるソネッツ。
そのCTでは2010年、2011年、2012年と、全てベスト8に進出し、優勝チームに惜敗という健闘をみせた。
盤石な投手陣と引き換えに、毎年攻撃力不足を要因とした敗退により、頂点まであと一歩という悔しいシーズンが続く。

その中で最も頂点に近づいたのが2014年。
初めて予選を1位で突破し、CTでも決勝まで勝ち進んだが、BLUESとの死闘に敗れ、惜しくも準優勝に終わった。

成城ソネッツSCL 成績
予選成績 CT成績
2010年 3位 ベスト8
2011年 3位 ベスト4
2012年 3位 ベスト4
2013年 2位 ベスト16
2014年 1位 準優勝
2015年 4位 ベスト16
2016年 4位 ベスト16

SCL10年の歴史で、CT進出回数7回は、ダークス(9回)、レッドスター09(8回)に続く歴代3位の成績。
7年以上在籍し、一度もCT進出を逃さなかったチームはソネッツしかいない。

SCL CT進出回数ランキング
チーム回数
1ダークス9
2レッドスター098
3Hustle Japan7
肉骨茶
成城ソネッツ

成城ソネッツ通算成績
試合数 勝利 敗戦 引分
67 35 27 5


一方、SCLでの個人成績に目を向けてみる。
過去、リーグ全体における個人タイトルを獲得した選手は次のとおり。

成城ソネッツ  SCLタイトル獲得者
2010年 最多奪三振 鈴木 直樹 64個
2012年 最優秀防御率 飯塚 新太 0.82
2014年 打点王 北川 智一 11打点

また、野手の成績は次のとおり。
.250以上打った野手は存在せず、好投手揃いのSCLで、点を取るのに苦しんだ状況が表れている。

成城ソネッツ SCL通算打撃成績(50打席以上) 


 

 

 

 

 



 

 

 



 
飯塚.2433912411127011110.31511
川村.2382275631501221.3141
北川.2376020518644226132.29636
内田.218541651423101597.29715
鈴木.196276251101581.3283
谷口.1934513911422015160.32126
山本.1855415912423020244.3408
高尾.14144124991409151.30314
望月.130206246613111.3338
笠井.1075815212113113186.2606

リーグ全体の通算成績では内田が通算犠打数で歴代7位、北川が盗塁数で10位にランクインしている。

一方、一時期リーグ屈指といわれた投手成績は次のとおり。

成城ソネッツ SCL通算投手成績
























飯塚 0.83 25 14 7 1 142.2155 35 5 26 17
中尾 1.00 4 1 0 0 14 5 6 1 3 2
鈴木 1.59 24 8 8 1 128 154 54 20 58 29
川村 1.76 13 7 6 0 79.245 22 9 40 20
望月 2.63 3 1 0 0 8 8 2 1 5 3
4.38 3 1 2 0 8 3 4 3 5 5
※防御率は7イニング換算

飯塚の通算14勝はリーグの通算成績で歴代9位の好成績。
また、防御率0.83は伝説の好投手MIX吉原(0.86)を抑えて歴代1位(100イニング以上)となっている。
また鈴木の奪三振率8.41は100奪三振以上の投手では吉原の10.54に次ぐ歴代2位の数字(7イニング換算)。
この両投手と防御率1.76を誇る川村の活躍が、そのままソネッツの好成績に結びついている。

チームはこの7年間、メンバーを大きく入れ替え、いい時期も悪い時期も経験した。
それでも、参入当初は歯が立たないとさえ感じていた高いレベルのリーグで、目標であるCT進出を一度も逃さなかったことは、チームの一つの勲章。

この7年間の経験を糧に、ソネッツは舞台を次のステージへと移し、再び新しい挑戦をスタートさせる。

※成績は全て2016年10月8日現在
※敬称略

  1. 2016/10/13(木) 00:29:30|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad