SONNETS NEWS

2016年シーズン総括 【特集】

2016年、成城ソネッツは新たな挑戦として、チーム創設後初めての日曜大会・Victoriaリーグに挑戦した。
さらにラストイヤーを迎えるSCLを加え、この2つのリーグを軸に、ソネッツの12年目のシーズンがスタートした。

シーズン序盤には、Victoriaリーグ、そしてプライドジャパンや東京リーグなど、主戦場としてきた土曜日の枠を飛び出し、日曜の強豪チーム達と顔を合わせた。
華やかな戦跡を誇るダディーズベースボールを、飯塚が鮮やかに完封したことにより、その船出は順風満帆なものに見えた。

ところが、ローテーションの一角として期待された岡久に、過去に所属していた複数のチームとの金銭トラブルが発覚。話し合いの機会を持つも潔白の証明には至らず、結局1試合に出場しただけで退団となる。
さらに追い打ちをかけるようにエース川村も長年の勤続疲労の影響から4月に離脱。歯車は狂い続け、主軸として投げていた葵も故障や体調不良により途中離脱。6月に入団した本格派投手・石川も転勤によりわずか2ヶ月で退団するなど、12年目のシーズンはこれまで経験したことのない深刻な投手不足に悩まされた。

練習試合の投手も不足する中、必死のやりくりで公式戦を消化したものの、当然安定した戦いをすることができず、Victoriaリーグは予選3位で予選敗退。2014年以来の優勝を狙ったSCLトーナメントでも1回戦で無念の敗退を喫した。

それでも後半戦、回復した川村がSCL最終戦で勝利を挙げ、SCLで7年連続決勝トーナメント進出という大きな目標を達成。
チーム最多の16試合に登板した中尾に加え、怪我が癒えつつある上床や葵も登板数を増やすなど、シーズン後半にようやく明るい兆しを見せ始めた。

その勢いで秋にはSCL/CT、プライドジャパン、東京リーグと3つの大会で決勝トーナメントに挑んだが、いずれも初戦で敗退。2年目の川野やルーキーの葵が打線を引っ張ったものの、公式戦16試合中8試合が2得点以下と、得点力不足が響いた。
緻密な野球を目指した攻撃でサインミスや作戦を決めきれないシーンも多く、また守備でもミスも頻発するなど、最後まで安定した戦いをすることができなかった。
結果、3枚の決勝トーナメントの切符を得ながらも、その頂点に近づくことはできず、2016年の戦いは幕を閉じた。

主力の怪我や退団など、多くの試練を経験した2016年。それでもVictoriaリーグやプライドジャパンでは、これまで対戦することのなかった強豪との戦いも経験し、またSCLでは7年連続決勝トーナメント進出という一つの大目標も達成した。

新戦力の力量も把握した来季は柱となるオーダーを定め、それぞれの役割を明確にするなど、メンバーの固定やチームにあった戦術の選択、そして何より投手陣の整備がチーム再建の鍵となる。
再びチームが一丸となり、今年の苦い経験を飛躍への糧することができるかどうか、宮本監督の手腕が問われる一年となりそうだ。


スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 22:03:06|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年シーズン終了 MVPは葵昌季【NEWS】

 17日、今季の全活動を終了した成城ソネッツが、新宿で納会を開催し、選手・マネージャー14名が出席した。

事前にネット投票を実施した表彰選手の発表も行われ、今季のタイトルホルダーが次のとおり確定した。

首位打者川村 裕太(初).253
最多安打川村 裕太(2)23本
本塁打王北川 智一(3)3本2年連続
打点王北川 智一(4)16打点
最高出塁率山本 拓人(4).3483年ぶり
盗塁王上床 宣仁(初)19個
最優秀防御率中尾 匠吾(初)3.62
最多勝利葵 昌季(初)
中尾 匠吾(初)
川村 裕太(3)
飯塚 新太(3)
3勝

3年連続
4年ぶり
最多奪三振中尾 匠吾(初)36個
最多セーブ石川 浩意(初)2S
最優秀新人葵 昌季
江連賞中尾 匠吾(初)
MVP葵 昌季(初)
GM賞笠井 亮(2)5年ぶり
カッコ内の数字は獲得回数
※は新記録


◆江連賞
登板数、投球回、防御率、勝利数、奪三振数の全てでチームトップの成績を記録した中尾が初受賞。
最優秀防御率、最多勝利、最多奪三振の投手三冠を記録したのは、鈴木、飯塚、川村に続き、史上4人目。
SCLではブルーサンダース戦やDOOBIES戦で好投を見せ、チームにCT進出に大きく貢献した。
有効投票15票中12票を集め、文句なしの受賞となった。


▽中尾「1年間投げることができて自信になった。そしてこういう賞をもらうことができて本当にありがたく思っている」

◆最優秀新人
葵、池田、佐久間、新内と4人の新人がノミネートされたが、葵が有効投票15票中14票を獲得し、新人王に輝いた。
開幕戦でいきなり2安打2打点の活躍を見せると、その後は4番に定着。
新人選手中唯一規定打席をクリアするなど、打者・投手成績において断トツの成績を挙げ、満票に近い得票数で受賞を果たした。

◆MVP
川村、中尾を僅差で押しのけ、葵が1年目にしてチーム最高の栄誉を獲得した。
新人王とのダブル受賞は2011年の飯塚以来史上二人目の快挙。
ほぼ1年間4番で出場し、Victoria予選では地元八王子の試合で逆転満塁本塁打を放つなど、勝負強さが光った。
その他内野守備、そして投手としても活躍し、新人ながらあらゆる面でチームを引っ張った姿が評価されての受賞となった。

▽葵「8年ぶりに1シーズン野球をやることができた。ダブル受賞するような活躍はできていないと自分では思っているので、来年はもっといい成績を挙げたい」


161217 (2) 161217 (1) 
(上)江連賞を初受賞した中尾
(下)新人王とMVPダブル受賞の葵

  1. 2016/12/17(土) 23:07:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad