FC2ブログ

SONNETS NEWS

成城ソネッツ 2 - 2 星涼 【PLB】

[成城ソネッツ 2 - 2 星涼@井の頭恩賜公園=PLB]

成城ソネッツは21日、プレジャーリーグベースボール(PLB)で星涼と対戦し、2対2で引き分けた。

ソネッツは先発中尾は序盤からテンポよく投げ込み、3回を被安打で無失点に抑え試合を作る。
好調の打線は4回、0死3塁から3番福里がセンターへの当たりを相手野手が落球する間に、一気にホームをかけ抜け2点を先制する。
しかしその後は相手投手の小刻みな継投になかなか得点を奪えず。
逆に6回の守備では、隙を突かれて重盗で失点すると、途中出場の5番打者にタイムリーツーベースを打たれて同点に追いつかれる。
ソネッツは最終回に満塁のチャンスを作るも無得点に終わり、試合は2対2の引き分けに終わった。

今季初めて勝利を逃したソネッツは、PLBの成績を2勝1分の勝ち点5とし、首位の湾岸サムライズに勝ち点差2で追いかける暫定2位となっている。

◇プレジャーリーグベースボール
順位表
試合結果

▽葵 自己新の1試合4盗塁を記録
「4番・一塁」で先発した葵は、4回の第2打席に相手の失策で出塁すると、続く川村の3球目に二盗、5球目に三盗を決めてチャンスメーク。
その後、バッテリーミスの隙を突き本塁を狙ったがここは惜しくもタッチアウトに終わる。
さらに同点で迎えた最終回も、先頭打者として再び相手の失策で出塁すると、ここも二盗、三盗に成功。本塁を踏むことはできなかったが、これで合計4盗塁。
普段は豪快なバッティングで魅せる副主将が、この日は積極果敢な走塁でチームを鼓舞した。

▽中尾 7回2失点の好投も今季3勝目逃す
先発の中尾はこの日も得意の変化球が冴えわたり、5回まで星涼打線はわずか1安打無失点に抑える好投。
ところが6回に3巡目を迎えた先頭打者にヒットを浴びると、ここから制球を乱し、暴投や四球でピンチを広げる。
さらに捕手川野の緩慢な動きを1塁走者が見逃さず、重盗で1点を失い、その後も同点二塁打を浴びて、3勝目を逃した。
それでも、7回2失点にまとめて今季の防御率は1.50と引き続き好成績をキープ。
奪三振数もチームトップの22とし、今季絶好調の投手陣を先頭に立って引っ張っている。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/21(土) 23:08:22|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連勝街道邁進中!チーム新記録の開幕8連勝!【NEWS】

ソネッツは14日のダブルヘッダーに連勝し、これで今季は開幕から負けなしの8連勝となった。

その8勝目となった南海ハーツ戦に先発した川村は、6回無失点で2015年7月以来約3年ぶりの完封勝利。
今季13イニングを投げて失点0、チーム単独トップの3勝と好調をキープしている。

また打線では南海ハーツ戦で今季2度目の4安打を記録した福里が、ダブルヘッダー計7打数5安打と打ちまくり、チームトップの打率を驚異の.522まで上げている。
さらに初の4番で出場した上床も2試合で二塁打、三塁打、本塁打を含む6安打と打ちまくり、打率は.478まで上昇した。

今季はチーム防御率0.67と投手陣の活躍も目覚ましいが、野手陣の堅守も光っている。
8試合でエラーはわずかに5個 。エラーの中で最も多いとされる送球エラーは0と、昨年から練習時間の多くを守備に割いてきた成果が表れている。

180414.jpg
チームの好調ぶりに驚きの表情を見せる笠井兼任コーチ(左)と葵
  1. 2018/04/14(土) 22:43:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 2 - 1 ラウンダーズ【SCLR予選】

[成城ソネッツ 2 - 1 ラウンダーズ@玉川野毛町公園=SCLR予選]

成城ソネッツは14日、サタデーチャンピオンズリーグリボーン(SCLR)予選でラウンダーズと対戦し、2対1で勝利した。

ソネッツは先発青柳は、死球や不運な安打などで初回に1点を失うも、3回に1番上床のソロホームランで同点に追いつく。
立ち直った青柳は2回から6回まで、ラウンダーズ打線を1安打に抑えて付け入る隙を与えず。
すると6回に7番石川が右中間にタイムリーツーベースを放ち、ついにソネッツが勝ち越しに成功。
青柳は最終回も三者凡退に抑えて2対1で試合終了。
緊迫の投手戦を制したソネッツが予選3連勝を決めて、グループ首位をキープした。

◇サタデーチャンピオンズリーグリボーン
順位表
試合結果

▽上床 今季1号は貴重な同点弾
この日も「1番・二塁」で先発した上床。
初回に先頭打者として二塁打を放つも、後続が倒れ、ソネッツは今季7戦目にして初めて初回無得点に終わる。
ならばとばかりに3回には先頭で左中間の場外にホームランを放ち、試合を振りだしに戻した。
上床の本塁打は通算4本目。本拠地玉川野毛町公園では初めての一発となった。

▽青柳 圧巻の投球で今季2勝目
今季3試合目の登板となった青柳。
立ち上がりはやや不安定で、死球やタイムリーなどで1点を失うも、その後は正に圧巻の投球。
2回以降は5回に二塁打1本を打たれた以外はパーフェクトピッチング。
終わってみれば、7回3安打9奪三振1失点という素晴らしい内容で今季2勝目を飾った。
  1. 2018/04/14(土) 19:38:05|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad