FC2ブログ

SONNETS NEWS

新内 特大5号で歴代1位タイ! 【NEWS】

先月30日の調布マリナーズ戦。新内が4回の第2打席で、レフトに今季第5号のホームランを放った。
調布基地跡地運動場E5面はレフト96m、センター130mの巨大な球場。
ここを本拠地とするマリナーズの選手も「なかなか見ない」と話す場外弾を軽々と打ってみせた。

新内の今季の本塁打数は5本は、チーム創設13年の歴史の中で、09年宮川、13年飯塚に並ぶ年間最多タイ記録。
宮川は119打席、飯塚は137打席かけた記録であるのに対し、今季の新内は開幕4ヶ月、わずか36打席で並んで見せた。
シーズンはまだ半分以上残っているため、チーム記録の更新、そして二桁本塁打にも大きな期待がかかる。

16年からチームに加入した新内は、ルーキーイヤーはわずか6試合の出場で打率.250、本塁打1本。
2年目の昨季も2試合連続で総合運動場で場外弾を放つなどインパクトは残したものの、打率.220に終わり、さらに守備の拙さでチームを幾度もピンチにさらすなど、レギュラーをつかむまでには至らなかった。

しかし、3年目の今季はここまで規定打席に到達し、打率.344、本塁打5本と大ブレイク。
今季放った11本の安打の中で長打は10本を数え、長打率は葵や福里を抑えてチームトップの1.031。
一方で三振はわずかに1個と、長打力に加えて、確実性も大幅にアップしている。

開幕当初は主に途中出場だったものの、出場する度に勝負強い打撃を見せ、次第にスタメン出場の機会も増えている今季。
一方チームも、ここまで公式戦10戦9勝1分と絶好調で、9月からはSCLRチャンピオンズトーナメント、そしてGBN予選への挑戦をスタートさせる。

上位大会で格上投手との厳しい対戦が見込まれる中、スーパースラッガーへと突き進む新内の3年目の真価が問われる。

▽新内「(5本は)今季目標にしていた数字。かなり早く達成できた。去年は途中で失速したので、今年はこの調子を秋までキープしたい」

30063055.jpg
調布マリナーズ戦で放った推定105mの本塁打
スポンサーサイト
  1. 2018/06/30(土) 22:04:42|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソネッツSCLR予選1位が確定 【NEWS】

23日に行われたサタデーチャンピオンズリーグリボーン(SCLR)の予選で、グループBのドンマイ・ロックスがラウンダーズに敗れたため、この瞬間に成城ソネッツのグループB1位が確定した。

今季のSCLRのCT進出条件は、これまでで最もハードルの高い「グループ2位以上」。
昨季グループ最下位に沈んだソネッツにとって厳しい道のりになるかと思われたが、開幕から接戦を幾度も制し、ここまで順調に勝ち進んだ。
そして9日のダークス戦の勝利で、予選の成績が5勝0敗 勝ち点10となり、リーグ24球団中最速でチャンピオンズトーナメント(CT)進出を決定した。

ソネッツは今季の予選をブロック間交流戦の1試合を残している(対戦相手未定)が、この試合に勝利するとチーム史上初の予選全勝を達成する。
前身のSCLを含め、予選を全勝で勝ち抜いたのは、2008年のナインフォースとBLUES、2014年、2015年の風船会FARAWYSの3チームのみ。
いずれも優勝を経験しているチームであり、ソネッツも8度目のCT挑戦に向け、最後の一戦を制して“予選無敗”肩書を手に入れたい。


◇成城ソネッツSCL・SCLR予選 全成績
サタデーチャンピオンズリーグ
順位予選成績CT成績
20103位(CT進出3勝2敗1分 勝ち点7ベスト8
20113位(CT進出4勝2敗0分 勝ち点8ベスト4
20123位(CT進出3勝2敗2分 勝ち点8ベスト4
20132CT進出4勝3敗0分 勝ち点81回戦敗退
20141位(CT進出5勝1敗0分 勝ち点10準優勝
20154位(CT進出4勝3敗0分 勝ち点81回戦敗退
20164位(CT進出3勝3敗0分 勝ち点61回戦敗退

サタデーチャンピオンズリーグリボーン
順位予選成績CT成績
20176位(RT出場)1勝4敗1分 勝ち点3-              
20181位(CT進出5勝0敗0分 勝ち点10
※2018年は6月23日現在の成績




  1. 2018/06/23(土) 23:41:20|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新マネージャー・呉入団 【NEWS】

成城ソネッツは9日の試合後、新マネージャー呉剣雄の入団を発表した。
マネージャーの加入はチームにとって2年ぶりとなった。

呉は今季シーズン開幕直後の3月の練習からチームに参加。 写真の撮影やスコアブックの記入など、他のマネージャーの参加率が下がる中、精力的に仕事をこなし好調のチームをサポートしている。
特にスコアブックはこれまで未経験だったものの、試合中にGMの宮本からわずかな手解きを受けただけで記入方法をマスターするなど、ポテンシャルの高さを示している。

呉は入団にあたり「選手の皆さんのサポートをできるようにがんばりたい」とコメント。
厳しい戦いが続く夏場に向けて、頼もしい即戦力が加わった。

DSC_0503.jpg DSC_0501.jpg
恒例の入団セレモニーの様子
  1. 2018/06/09(土) 23:59:02|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 3 - 1 ダークス【SCLR予選】

[成城ソネッツ 3 - 1 ダークス@玉川野毛町公園=SCLR予選]

成城ソネッツは9日、サタデーチャンピオンズリーグリボーン(SCLR)予選でダークスと対戦し、3対1で勝利した。

ソネッツは初回、2回とチャンスを作るも、あと1本が出ず得点ならず。
すると3回に先発村上が2回り目のダークス打線に連打を浴びて1点を失う。
しかし、3回裏に2番村上の2号ソロで追いつくと、4番葵にも3号ソロが飛び出しソネッツが逆転。
その後5回にも新内の4号ソロでリードを広げ、この時点で3対1。
その後6回表にダークスに逆転を許すも、6回表終了時に時間切れとなり、リーグ規定により3対1でソネッツが勝利した。

最後は時間切れに救われた形となったソネッツだが、これで予選の成績は5勝0敗。
勝ち点は10となり、リーグ1番乗りでチャンピオンズトーナメント進出を決めた。

◇サタデーチャンピオンズリーグリボーン
順位表
試合結果

▽村上 投打に大暴れ!特大2号&完投3勝目
先発の村上は強豪ダークス打線を相手に5回まで被安打4失点1と好投。
さらに打っても特大2号ソロを含む2打数2安打1打点1四球で勝利に大きく貢献した。
しかし球数が90球を超えた6回はさすがに疲れを隠せず、単打2本と逆転3ランを浴びて、3対4と試合を一気にひっくり返される。
結果的には規定に救われたものの、試合後には「交代を申し出るべきだった」と振り返った。
それでも今季の成績は、投げては防御率1.64にチームトップタイの3勝。打っては打率.571と投打にチームの要としての活躍を見せている。

▽価値ある一撃 葵 また“肩書付き”HR
第2打席で今季3号の決勝ソロ本塁打を放った葵。
これまで放った通算本塁打9本のうち、実に半分以上の5本が“肩書付き”の一発(先制・同点・勝越し・逆転)。
試合の行方を左右する、重要な場面で価値ある一発を放っている。

2016年5月22日vs J-SAT
【Victoriaリーグ】
逆転2ラン(決勝)
2017年4月22日vs 関東マッスルズ
【GBN KOトーナメント】
逆転2ラン
2017年12月9日ジャンキーズB逆転3ラン
2018年3月31日vs ドンマイ・ロックス
【SCLR予選】
同点ソロ
2018年6月9日vs ダークス勝越しソロ(決勝)

  1. 2018/06/09(土) 20:14:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成城ソネッツ 13 - 0 エースハンターズ 【PLB】

[成城ソネッツ 13 - 0 エースハンターズ@八潮北公園=PLB]

成城ソネッツは2日、プレジャーリーグベースボール(PLB)でエースハンターズと対戦し、13対0で勝利した。

ソネッツは初回、制球に苦しむ相手投手から3つの四死球でチャンスを作り、エラーや暴投、内田のタイムリーツーベースなどで6点を先制する。
さらに勢いは止まらず、2回にも北川のタイムリー、満塁から内田が走者一掃の3点タイムリーツーベース、2、3塁から村上が2点タイムリーツーベースを放ち、ここまでで13対0と大量リード。
2試合連続先発となった川村は4回まで1安打無失点に抑えると、2番手の村上も2回1安打無失点に抑え、完封リレーでゲームセット。
投打がかみ合い、ほぼ完ぺきな試合運びでエースハンターズを圧倒し、13対0で勝利を挙げた。

この日の勝利でソネッツは予選10試合中5試合を消化し、4勝1分の勝ち点9で首位をキープ。
プレジャーリーグ初代チャンピオンに向け、好位置でシーズンの折り返しを迎えた。


▽ 恐怖の9番内田
過去2年間で長打わずか2本の男が、2打席連続で二塁打を放ち、4打点を挙げてチームの大勝に貢献した。
かつてはシーズン3割も記録した内田だが、ここ数年は深刻な打撃不振で成績は低迷。
今季は飯塚や葵に打撃のアドバイスを求め、シーズン序盤からフォームの改造に着手した。
開幕当初はなかなか結果は出なかったものの、ここ4試合は打率.333(12-4)と徐々に調子を上げ始めている。
上位を打つ上床や福里は共に打率4割を超えるなど絶好調。
調子を取り戻しつつある9番内田の出塁の数が、狂犬打線のさらなる上昇のカギを握る。
  1. 2018/06/02(土) 23:45:48|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad