SONNETS NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目覚めた狂犬打線!打線爆発26得点で歴史的勝利 【7月19日】

『狂犬軍団』の横断幕が揺れる中、成城ソネッツが“狂”異的な猛攻を見せ、記録づくめの1勝を挙げた。

26得点は2009年5月マリンパーク戦以来のチームタイ記録。
公式戦では2011年の草魂カップ対KUNI戦の17得点を更新する新記録となった。
また、1イニング15得点も2009年5月マリンパーク戦の14得点を更新し、こちらも新記録。

個人の成績に目を向けると、1番北川が今季初の満塁本塁打を放つなど4安打4打点。
盗塁も2つ決めるなど、SCLでの不振を吹き飛ばす猛打を見せた。

2番山本は初回に先制のホームを踏むなど、チーム新記録となる1試合5四球を選び犠打も1つ記録。
6度立った打席の全てで持ち味を発揮し、仕事を果たした。

好調の6番内田も3安打4打点の活躍。
6月までは打率わずか.067と大不振だったが、ここ4試合で.467(15打数7安打)と打ちまくり、打率を一気に2割まで戻した。

指揮を執りながら、「9番右翼」で出場した宮本は5回の好機に適時打を放つなど、自己新の4打点をマーク。
この日は体調不良の鈴木に代わり、急きょの先発だったが、チームの選手層の厚さを証明する活躍を見せた。

この日のブラックバイキングスには一昨年ソネッツを苦しめた不動のエース・佐藤投手が不在。
それでもボール球を見極め四球を選び、犠打や盗塁を絡めながらチャンスで幾度も適時打が飛び出すなど、目指していた効率的な攻撃を実現できたことは、ソネッツ攻撃陣に大きな自信をもたらした。

一方で先発の飯塚はテンポの良い投球でブラックバイキングスを零封し、チームは予選3試合連続完封勝利。
盤石な投手陣に上り調子の打撃陣が加わり、チームは正に良好な状態。

次の公式戦の相手は8月2日の風船会FARAWAYS(SCLT3回戦)。
SCL最強との呼び声高い一昨年の覇者との対戦は、今季のチームの真価が試される一戦となる。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/19(土) 23:47:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

最初は驚きましたが、今ではすごく感謝しています。

どうしても伝えたくて。
若いときにつくった借金の返済が辛かったんです。
そんな私が一気に裕福になってしまえるなんて。
信じれば信じるほど、お金をもらうことができました。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に助かりたい人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
  1. 2014/07/27(日) 16:57:43 |
  2. URL |
  3. marukawa #27Yb112I
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/368-f1adf177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。