SONNETS NEWS

ソネッツ、2年連続で強化合宿実施 【NEWS】

1日、成城ソネッツは昨年に引き続き行われた群馬県川場村での秋季合宿を打ち上げた。

晴れ渡る空の下行われた通算3度目となる川場村での合宿。
東京よりも気温が約5度低い中で、選手らは2日間に渡り精力的に身体を動かした。

今季残す公式戦もわずかということで、例年よりもハードなメニューを消化。
1日目は打撃、そして2日目は守備をメインとし、計11時間に及ぶ練習を実施した。

今季は内・外野共に信じられないミスを連発したソネッツ守備陣。
エース川村の今季の自責点35に対して、失点は57。
野手が投手の足を引っ張り、試合を落とすシーンが度々見られた。

そうした状況を打開するため、この合宿のテーマは“守備”。
主将の北川は「風船会との差を痛切に感じたのが、守備力の差。うちは守備のチーム。もう一度基礎に立ち返りたい」と合宿のコンセプトを話し合宿がスタートする。
1日目は今季ミスが続いた場面を想定し、走者を付け、ミーティングを挟みながら繰り返し動き方を確認。
2日目には、この日のために東京からかけつけた飯塚のバットが繰り出す嵐のようなノックに、ナインは限界まで自らを追い込んだ。

何人かの選手が脱落する中、2日間フル参加した川村は「身体が動かなくなるまで練習した。最後までできたことは自信になる」と充実の表情を見せた。

今季ソネッツが残す公式戦は、プライドジャパンの予選が数試合。
合宿の成果を試合で発揮し、来季への足掛かりとすべく、残り試合を全力で戦う。

▽北川(1日目のみ参加)「富樫や新太のサポートのおかげで充実した練習ができた。やりたいことはほぼできたが、今後の練習でも継続していきたい」

▽宮本GM「(今回の合宿の点数は?)85点。少人数ながら、基礎から連携プレーまで充実したメニューをこなせた。ここで得たことを活かしてプライドジャパン、東京リーグで好成績を残したい」

2015camp (2)
2015camp (1)
スポンサーサイト
  1. 2015/11/01(日) 22:44:53|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/452-160dd959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad