SONNETS NEWS

川村、前人未到の年間14勝目 【NEWS】

12日、川村がチーム新記録となる年間14勝目を挙げた。

守備のミスにも泣き、KRB SATURNを相手に7回を投げて5失点(自責2)。
しかし、“投手川村”を救ったのは“打者川村”だった。

この日「4番・投手」で先発出場するも、3打席目まで全て得点圏に走者を置いて無安打に終わっていた川村。
迎えた4打席目は2点を追いかける最終回2死満塁。
ここでレフトの頭上を遥かに越える特大の三塁打を放ち、見事チームに逆転サヨナラ勝ち、そして自身に今季14個目の白星をもたらした。

サヨナラ安打は10月10日のDOOBIES戦に続き通算2本目。
そして年間14勝は2008年に鈴木が記録した年間13勝を7年ぶりに更新する大記録となった。

今季開幕から投打において大車輪の活躍でチームを牽引してきた川村。
すでに手中に収めている最優秀防御率(3.30・1位)、最多勝(14勝・1位)、最多奪三振(72・1位)の投手三冠に加え、打撃部門でも打率(.313・2位)、打点(26打点・1位)、本塁打(2打点・1位)のダブル三冠王を狙える位置に着けている。

いよいよ今季も残すはあと1試合。
最終戦でも投打の大活躍で15勝目を挙げ、川村イヤーの2015年を締めくくることができるか。


#18 川村 裕太 一問一答

---チーム新記録を打ち立てた感想は?

(川村)数字だけみれば達成感はあるが、今季は登板した各大会の投球全てが物足りなかった。チームに迷惑をかけたと反省している。

---来年以降もこの数字が目標になる?

(川村)もちろん勝ち星を増やすことは何より大切だが、来年は「負けない投球」ができるようになりたい。

---80球を超えた後の投球内容に課題があるとの指摘があるが?

(川村)オフの間にもう一度鍛え直して、体力強化を図りたい。

---素晴らしい記録の達成、本当におめでとうございます。

(川村)この記録はチームの皆さんが懸命に守ってくれたからこそ。感謝の気持ちで一杯。
最後の試合も来年につながる投球をして、必ず勝ちたい。


◆年間勝利数ランキング
順位年度選手名成績
12015年川村14勝 ※12月12日現在
22008年鈴木13勝
32014年川村12勝
42014年飯塚10勝
42009望月10勝

 

151212q.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/12/12(土) 23:33:41|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/461-472ae02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad