SONNETS NEWS

眠れる最強投手陣 【特集】

今季の成城ソネッツは深刻な投手不足に悩まされ、公式戦は川村がほぼ全試合登板するという異常事態。
フル回転のエースは疲労蓄積により満足のいくパフォーマンスを発揮できない試合もあった。

来季は岡久の加入により明るい兆しが見えつつあるが、さらにソネッツには故障からの復活を目指し、懸命に治療・リハビリを続ける投手達がいる。


#51 鈴木 直樹
ノーヒットノーラン2回、通算奪三振数1023個を誇る、言わずと知れたソネッツのレジェンドエース。
SCL1年目の2010年にMIXやナインフォースとの伝説的な激闘を演じソネッツを準々決勝まで導いた。
2011年以降は肩の故障のため思うような成績が残せず、昨季は入団後初めて1試合も登板せずにシーズンを終えた。
しかし年明けには投球練習の再開を見込んでおり「投手として優勝に貢献したい」と話すなど、来季の早い段階での復帰を目指している。


#5 富樫 信
元gettersのエース。2010年には防御率0.84、奪三振率8.40と好成績を挙げた。
その左腕から放たれる豪速球は、草野球界では無敵との呼び声もある。
ソネッツには2015年に加入するも春先の練習で再び肩を痛め、これまで登板は1度もなし。
後半戦はリハビリに専念し、「これで回復しなければ野球を辞める」と話すなど、来季の復活に全てをかける。


#6上床 宣仁
MAX130kmの剛腕投手。現在最もマウンド復活に近いのがこの男。
調布市3部の連盟時代は、その豪速球を武器に圧倒的な投球を見せた。
ソネッツでは今季は1試合に登板するも肩痛により制球が定まらず、ハーフスピードのボールをアロハ打線に痛打され、1回5失点降板という悔しい結果となった。
それでもセカンドでは度々強肩を披露するなど、終盤に入り肩の状態も上々。
「来季は投手として貢献したい」と明言しており、先発の柱の一人として期待が高まっている。


#11 宮本 和樹
広島時代の2014年にはオイスターリーグで防御率1.09と大活躍し、チームの優勝に大きく貢献した。
ソネッツでも当然投手として期待されたものの、登板は1試合のみ。
デビュー戦で先発し4回2失点で勝利投手となったものの、その試合で肩を痛め、その後は野手としての送球もままならない状況で今季を終えた。
現状投手復帰の目処は立っていないが「症状は徐々に好転している」と話しており、来季中の登板にも意欲を示している。


エース級の彼ら4人のうち1人でもマウンドへの復活を果たせば、ソネッツの投手力は大きく向上する。
もちろん全員が復帰を果たせばSCLを凌駕するような最強の投手陣を形成することも夢ではない。

2016年、ここまで孤独な戦いを続けてきた彼ら4人の復活劇に、注目が集まる。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 23:42:41|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/467-3cba7fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad