SONNETS NEWS

成城ソネッツ 4 - 1 ブルーサンダース 【SCL予選】

[成城ソネッツ 4 - 1 ブルーサンダース@玉川野毛町公園=SCL予選]
勝利投手:中尾 1勝1敗

28日、成城ソネッツはSCL予選でブルーサンダースと対戦し、4対1で勝利した。

ソネッツ先発中尾は、初回に先頭打者の二塁打をきっかけに1点を失う。
しかし、その裏内田、川野、葵の三連打でチャンスを作り、押し出しの死球や内野ゴロで2点を奪い、すぐさま逆転に成功。
さらに4回にも宮本樹の二塁打でチャンスを作り、内野ゴロ2本で追加点を挙げ、4対1。とリードを広げる。
中尾は毎回走者を出すものの、要所を抑えて2回以降無失点。
そのままソネッツが4対1でブルーサンダースを下し、SCL予選2勝目を挙げた。

これで予選を折り返しの3試合を消化し、成績を2勝1敗の勝ち点「4」としたソネッツ。
残る対戦相手は、アロハ、KRB SATURN、ドンマイ・ロックスといずれも強豪だが、予選突破のためには、1勝1分以上が必要。
この日の勝利を弾みに、勢いを付けて後半戦の臨む。

<好調・宮本樹、二塁打2本で勝利に貢献>
「7番・左翼」で先発した宮本樹は2打席目、3打席目に二塁打を放ち、好調ぶりをアピールした。
特に3打席目の当たりはフェンスまで後1~2mという特大の当たり。
本人は「レフトフライかと思った」と話すが、持前のパワーを存分に発揮した。
ルーキーイヤーの昨季は打率わずか.073(41-3)、三振15と苦しんだものの、今季はここまで打率.500(10-5)と、すでに昨季の成績を超える活躍を見せ、チームに貢献している。

<笠井、いぶし銀の活躍>
この日「9番・一塁」で先発した笠井。
第1打席に今季3つ目の犠打に成功すると、1死3塁で迎えた第2打席はエンドランに成功し、チームに貴重な4点目をもたらした。
かねてから「GMは欲しいタイミングでサインを出してくれる」と、話すなど、宮本GMへの信頼を口にする笠井。
この日も指揮官との以心伝心のプレーで、ブルーサンダースにとどめを刺した。
成績には表れずとも、献身的な9番打者の“いぶし銀”の活躍がチームを支えている。

160528.jpg
初回に2点目のホームを踏み、満面の笑顔を見せる川野
スポンサーサイト
  1. 2016/05/28(土) 22:10:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/492-0f82b456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad