SONNETS NEWS

成城ソネッツ 2 - 3× アロハ 【SCL予選】

[成城ソネッツ 2 - 3× アロハ@玉川野毛町公園=SCL予選]
敗戦投手:葵 1勝4敗

11日、成城ソネッツはSCL予選でアロハと対戦し、2対3で敗れた。

ソネッツは2回、葵の二塁打でチャンスを作ると、山本、池田が適時打を放ち2点を先制する。
先発石川は、制球が定まらず毎回走者を背負うも、力強い投球で要所を抑えて4回まで得点を許さず。
しかし5回、ソネッツは無死1、2塁のチャンスを無得点で終えると、その裏に二塁打や内野ゴロで1点を失う。
さらに最終回、無死1塁で救援した葵がアロハ打線に3連打を浴びて、まさかの逆転サヨナラ負け。

ソネッツは土壇場で惜しくも勝利を逃し、ブルーサンダース戦に続く連勝とはならなかった。

これで今季の予選の成績は2勝2敗。
7年連続チャンピオントーナメント進出のため、残る2試合、負けられない戦いに挑むこととなる。

▽葵「最後打たれたのは甘く入ったボールを打たれてしまった。投げれるようになったことは良かったが修正していきたい」

▽宮本志GM「ピッチャーは本当に良く投げてくれた。反省はあると思うが、今日の結果を引きずらないようにしてほしい」

<公式戦初登板の石川、アロハ打線を圧倒>
この日が公式戦初登板となった石川。
強力アロハ打線を相手に6回途中2失点と試合を作った。
序盤から制球に苦しみ、10四死球を与えたものの、威力抜群の直球で4つの三振を奪うなど、その実力を存分にアピール。
残念ながら勝ちはつかなかったが、「これからピッチングの完成度を高めていきたい」と次回登板に向けて前を向いた。

<笠井、いぶし銀の活躍>
この日「9番・一塁」で先発した笠井。
1打席目は死球で出塁し、今季初盗塁を決めると、2打席目も死球で出塁し、続く池田の適時打のお膳立てをする。
さらに3打席目には0死1塁から、ピッチャー前に犠打を決めてチャンスメークを果たした。
今季の笠井の犠打成功率は100%を誇り、通算犠打数はチーム歴代トップの26個となった。
この日は0打数で、依然今季の安打数は「1」のままだが、「俺が活躍する日は打数がない」と、いぶし銀の活躍に胸を張った。

<悪夢の逆転サヨナラは6年ぶり>
最終回にまさかの展開で逆転を許し、勝利を逃したソネッツ。
公式戦では2010年のSCL/CT準々決勝のナインフォース戦以来、6年ぶり通算2度目のサヨナラ負けとなった。


160611.jpg
リリーフで力投するも、今季4敗目を喫した葵
スポンサーサイト
  1. 2016/06/11(土) 22:20:56|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/494-c1d6b376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad