SONNETS NEWS

川野 首位打者独走!前半戦個人成績発表 【NEWS】

14日、今季の成城ソネッツの個人成績の集計結果(暫定)が発表された。

打撃部門では昨季の新人王・川野が首位打者独走状態。
2年目の今季は3番・捕手に定着し、打率.341、安打数はトップタイの14本、盗塁も7個決めて失敗なしと、ここまで走攻守に渡りチームに貢献している。

一方その新人王争いに敗れた上床は主に1番を任され、打率こそ.111と低迷しているものの、出塁率.314、チームトップの10盗塁(失敗0)を決め、初タイトル獲得に着実に歩みを進めている。

また、4番に定着した葵は、一時期の不振を抜け出し、打率は.250まで回復。10本の安打のうち長打は7本。チームトップの長打率.525をマークするなど4番に相応しい打棒を披露している。

なお、チーム全体の本塁打数はここまで10本を記録しており、これは昨季の8本をすでに超え、最多となる2009年の13本に迫る数字。
7月3日には石川、そして8月7日には佐久間が1試合2本塁打を放つなど、長打力のある選手の加入により、これまでなかった一発という武器が打線に加わっている。

一方で北川、山本、内田、笠井、中尾の中堅選手達が揃って打率1割台(笠井は0割台)と、苦しいチーム状況を表す数字が並んでおり、後半戦の巻き返しが期待される。

投手成績では、唯一規定投球回に到達しているのが中尾。
早くも昨季の11試合に迫る10試合に登板し、わずか1勝ながら防御率3.00と奮闘している。

飯塚は5試合の登板ながら、チームトップの3勝、防御率0.75とさすがに安定感抜群。

調子を取り戻しはじめた川村や葵、そして未知なる力を秘めた新加入の石川が、後半戦でどこまで成績を伸ばせるか。そこに今季のチームの命運がかかっている。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/14(日) 21:58:31|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/501-4f15bb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad