SONNETS NEWS

成城ソネッツ 4 - 2 ドンマイ・ロックス【SCL予選】

[成城ソネッツ 4 - 2 ドンマイ・ロックス@桜川球場=SCL予選]
勝利投手:川村 3勝1敗

27日、成城ソネッツはSCL予選でドンマイ・ロックスと対戦し、4対2で勝利した。

7年連続CT進出をかけ臨んだ予選最終戦。
ソネッツの先発川村は初回、2つの失策や不運な安打で1点を失う苦しい立ち上がり。
しかし、2回からは立ち直り、テンポの良い投球で4回まで得点を許さず。

すると、ここまで幾度も好機を作ってきた打線は5回。
山本の安打をきっかけに満塁とすると、1番北川の同点適時打、3番緑の勝ち越し2点適時打で試合をひっくり返す。
さらに4番川村にも適時打が飛び出し、4対1とリードする。
その後はドンマイ・ロックスの反撃を1点で凌ぎ、4対2で試合終了。

ソネッツは大一番の試合を鮮やかな逆転勝利で飾り、見事SCL7年連続CT進出を確定した。

7年以上SCLに在籍し、一度もCT進出を逃していないのはソネッツの他に選手会ソルジャーズ(9年連続)のみ。
SCL最終年の今季、その頂点を目指して7度目の挑戦がスタートする。

<山本 地獄から這い上がる猛打賞>
スタメン予定の谷口が試合開始時間に間に合わず、急遽慣れないサードで出場した山本。
すると初回に2つのエラーを犯し、ドンマイ・ロックスに先制点を許してしまう。
それでも「このままでは戦犯、絶対に打って返す」と持ち前の強いメンタルで気持ちを切り替え、3打数3安打の大活躍。
特に5回は先頭打者としてレフトに会心のヒットを放ち、逆転劇の口火を切った。
試合後には「初回は心が折れかけたけど、バット取り返すことができた」と胸を張った。

<CTへ導いた!緑 攻守でチーム救う>
大事な一戦の捕手を託された緑。
初回、失策の走者の二盗を正確な送球で阻止すると、その後も暴投での進塁阻止や盗塁刺など、再三に渡りドンマイ・ロックスの足攻をブロック。
失点につながりかねない場面を幾度も防ぐなど、守備の要として存在感を発揮した。

一方3番に座った打撃でも大活躍。
同点に追い付き、なおも満塁のチャンスで迎えた5回の第3打席に、センターに勝ち越しタイムリーを放ち試合を決めた。

攻守での活躍は文句無しにこの日のMVP。
それでも「今日はピッチャーが全て。本当によく投げてくれた」と捕手らしく投手を讃えた。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/27(土) 21:09:38|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/504-6bb09489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad