SONNETS NEWS

成城ソネッツ 3 - 6 ハードライナーズ 【PJC/決勝T1回戦】

[成城ソネッツ 3 - 6 ハードライナーズ@東調布公園=PJC/決勝T1回戦]
敗戦投手:川村 3勝3敗

22日、成城ソネッツはプライドジャパンカップ決勝T1回戦でハードライナーズと対戦し、3対6で敗れた。

プロスタでの全国大会を目指し臨んだ1回戦。
ソネッツは初回、3番川野の適時打等で幸先良く2点を先制する。
しかし先発川村が3回に内野のミスで1点を失うと、4回には2本の適時打で2対4と逆転を許す。

反撃したいソネッツは毎回得点圏に走者を進めるも、5回に北川の適時打で1点を返すのが精一杯。
逆に最終回の6回にハードライナーズに2点を追加され、そのまま3対6で試合終了となった。

今大会、予選、決勝トーナメントと2度ハードライナーズに敗れたソネッツ。
決勝Tは無念の初戦敗退となり、プライドジャパンカップ初挑戦は、悔しさの残る結末となった。

▽川野「走塁が課題。もっと積極的に行けたし、(牽制刺は)痛い場面でミスが出てしまった」

▽北川「どの大会でも上に進めば高いレベルが求められる。守備も攻撃ももう1ランク上のプレーをしないと勝てない」

<流れを手放した3つのプレー>
初回に主導権を握ったのはソネッツ。
しかし、中盤以降は守備のミスにつけ込まれ、勝負どころで痛打を浴び、一気に突き放された。
流れが変わったポイントは序盤から中盤にかけての3つのプレー。

①牽制刺
2回裏、2対0で迎えたソネッツの攻撃。
2死から相手の失策、そして8球粘った笠井の四球で、1、2塁のチャンスを作る。
しかし、二塁走者の内田が鋭い牽制球に刺されて追加点ならず。
制球に苦しむ相手投手を助ける形となった。

②守備の乱れ
直後の3回表、1死2塁でハードライナーズの1番打者を迎える。
川村が打ち取ったゴロを捌いたサード葵の一塁への送球がわずかに逸れると、笠井が打者走者と交錯し、ボールが転がる間に1点を失う。
続く打者を打ち取っていただけに余計な失点となってしまった。

③本塁憤死
さらに続く3回裏のソネッツの攻撃。
上床を二塁に置いて、北川が三塁線にバントを転がす。
相手投手の送球が乱れる間に、上床が三塁を回り本塁に突入するも、タッチアウト。
際どいタイミングであったが、ソネッツにとって厳しい判定となり、ここでも追加点のチャンスを逃す。

立て続けに、相手に勢いを与えるプレーが続いたソネッツ。
この直後、川村が先頭打者に四球を与え、あとは完全にハードライナーズにペースを握られ防戦一方の展開に。
一度失った流れが再び戻ってくることはなかった。

<天敵との対戦成績>
かつてSCLでは世田谷ダービーと称されたこのカード。
公式戦では昨年から2試合連続逆転負けとなり、対戦成績はソネッツの2勝5敗。
今後も必ずどこかの舞台で戦う相手だけに、早めに嫌なイメージを払拭しておきたい。

年月日 大会 結果
2010年4月24日 SCL予選 ●1-5
2013年3月9日 SCL予選 ●0-3
2013年5月4日 GBN予選 〇6-2
2013年10月12日 GBN予選 ●2-3
2015年2月21日 GBN予選 〇2-0
2015年11月28日 PJC予選 ●5-8
2016年10月22日 PJC決勝T ●3-6


スポンサーサイト
  1. 2016/10/22(土) 22:53:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/509-087bd989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad