SONNETS NEWS

2016年個人タイトルの行方は!?【NEWS】

成城ソネッツの2016年シーズンも残り数試合。
いよいよ個人タイトルの結果もいよいよ見えつつある。
ここで11月12日時点での投打の各主要タイトルの状況を見てみる。

【打者部門】
〇首位打者
打者打率
1川村 裕太.256
2北川 智一.233
3山本 拓人.231

史上最低レベルの争いとなっている今季は、2008年以来8年ぶりに2割台の首位打者が濃厚。
川村が暫定1位だが、シーズン中盤まで首位打者をキープしていた川野(打率.286)が規定打席到達にあと2打席に迫っている。
川野はここ4試合で打率.133(15-2)とやや調子を落としているが、依然川村に3分差を付けており、規定打席さえクリアできれば当確だ。

〇最多本塁打
打者本塁打数
1北川 智一3
2葵 昌季2
佐久間 文太
石川 浩意

こちらはわずか1本差の争いだが、北川の2年連続タイトルはほぼ確実。
残り試合は全て玉川野毛町公園での試合が予定されており、長打力のある葵の打席に注目が集まる。

〇最多盗塁
打者盗塁数
1北川 智一16
2上床 宜仁15
3内田 順也9
4川野 祐希8

盗塁王争いは終盤までデッドヒートが続いている。
北川がここ6試合で9盗塁を決めて逆転すれば、上床もここ2試合で4個決めて猛追。
両者の1個差となっており、最後まで目が離せない状況だ。


【投手部門】
〇最優秀防御率
投手防御率
1中尾 匠吾3.92

自身初の投手タイトルに向けて歩みを進める中尾。
今季の規定投球回は50回前後の見込みだが、現時点で到達投手は中尾ただ1人。
防御率3.38の川村が残り10回程度投げれば逆転の可能性もあり得る。

〇最多勝利
投手勝利数
1葵 昌季3
川村 裕太
飯塚 新太
4中尾 匠吾2

昨年15勝を挙げた川村が今季は怪我に苦しみ、ここまでわずか3勝。
他の投手も勝利数が伸び悩み、4~5勝がタイトル獲得のラインとなっている。

〇最多奪三振
投手奪三振数
1中尾 匠吾32
2川村 裕太17
3飯塚 新太14

こちらは中尾が独走しており、初タイトルをほぼ手中にしている。
入団1年目に記録した自己記録の50奪三振にどこまで迫れるか。

中尾は怪我人など離脱者が相次いだ投手陣の中で、ただ一人フル回転。
勝利数を積めば、チーム史上4人目の投手三冠も視野に入ってくる。


***

MVPや江連賞の選出に大きく影響する個人タイトル。
今季の残り試合はあと3~4試合を残しており、まだまだ逆転の可能性は十分。
デッドヒートを制し、納会で笑顔を見せるのは誰だ!?

スポンサーサイト
  1. 2016/11/22(火) 23:44:44|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonnets7.blog116.fc2.com/tb.php/512-c778045c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad